日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

そしてソウルの深夜の定番です

ソウルに行ったら汗蒸幕(ハンジュンマk)はマストですが最近はもっぱらチムジルバン派となりました。
日本人観光客向けの汗蒸幕は送迎付で楽っちゃ楽なんだけど、なんだかぼられている気も。
(だって、ガイドさんを通して交渉するとあっさり安くなるんだもん・・・・誰にも言うなっていわれるけど。)
で、宿泊ホテルの近くにチムジルバンを探すのが常となりました。
一番安いツアーであたりがちなジョンプンホテルのときは裏手のほうに24時間のシェルビルサウナがあるので毎回そこへ。
ちょっとグレードをあげるとホテルPJになるのですが、その時は向かいのビルの上の階にある地元の人御用達のサウナへ。
そして、今回、梨泰院なわけですが、この街はそもそも観光客向けの汗蒸幕が多数あるところ。
サウナなんてあったかしら・・・・・と考えて思い出したのが、以前通りがかったことのある梨泰院(イテウォン)駅向かい、ハミルトンホテルの地下にあるサウナ。
行ってみたら案の定地元色の強いサウナでした。米軍基地のある梨泰院らしく、外国人もいます。   ってかおいらも外国人だ。
ロッカーの上には常連客のお風呂セットがずらずら~っと置かれています。
料金は10000Wですが(+ウェア1000W)、ハミルトンホテル宿泊者は半額くらいになるようです。
ここのサウナは特別なおもしろサウナがあるわけじゃないんだけど、お風呂が良かった。
韓国のお風呂は日本とちがってぬるいお風呂が普通なんだけど、ここのお風呂は44度くらいだった。あっつくて、ジャグジーがマグマに見えました。
あと、ミストサウナや水晶サウナがあるんだけど、この温度も期待通りで心地よい。
梨泰院エリアに宿泊したときには是非。夜遊びが好きな人はカラオケやクラブのあとでも。
そして、今回は以前から気になっていたドラゴンヒルスパへも!
KTXの龍山(ヨンサン)駅のI’PARK(アイパーク)の隣です。タクシーに乗るなら、アイパークを目印にすると運転手さんがわかってくれるようです。夜ならネオンでビカビカなので、すぐ分かります。そして入り口からしてとてもアジアンテイスト。b0006423_22382336.jpg気持ちが高まります。
ここはウェア込みで12000W。ちょっと高めだけどいろんな施設を楽しめるならアリ。
ロッカー室で着替えたら、男女共有スペースでサウナや汗蒸幕を楽しむのですが、その前に、今回の旅の目的であるよもぎ蒸しをチェック!ここのよもぎ蒸しは40~50分かかるのでまずは空いてるかどうか確認。そしたらチングといっしょにやるには今は無理だから、40分後にまた来て、と。ほらね。その間にほかのサウナを楽しめばいいのよ。
で、いざよもぎ蒸し。あっちーのなんのって!b0006423_22385637.jpg
子宮もびっくりだよ!座ってても汗が流れていくのがわかります。椅子の上のカバーはびっしょりだし、足を置いていたタイルに水溜りができそうです。サービスでお茶くれるんだけどそんなんじゃ足りないよ!料金は並15000W 特20000W。漢方の種類が違うらしい。
・・・・黙ってたらいつのまにか高いのになってたけど。   許してやる。
で終わったら、風呂場に移動してアカスリを。アカスリ場のアジュンマに直接お願いします。
料金は入場のときにもらったキーでバーコード管理です。
ちょっと込んでいたので、アジュンマが「そこの風呂に入ってまっとれ」というので浸かりながら待機。このアジュンマ、黒のブラジャーにパンツの人もいるけど、・・・パンイチの人も。
困ります。手を伸ばすと三段腹にはさまりそうです。
とっても丁寧にやってくれて、さわってみたらつるっつる。アカスリ(韓国語ではテミリ)だけだと20000W。

こんなに楽しいチムジルバン、私の流儀では23時スタートです。
週末海外も流行っている昨今、少ない滞在時間を有効に過ごすには、一日を27時間計算でお願いします。「夜やれることは昼間やるな」を座右の銘にします。
20時を過ぎると多少入場料が高くなるのですが、それでも早い時間に行くなんてもったいない!
その時間は明洞ではまだまだゴールデンタイムです。
東大門ではまだ黄昏時です。東大門のほんとのスタートは20時半ですから。
遅くなっても駅の近くなのでタクシーが拾えます。
スパのフロントでもタクシーを呼んでくれるようです。コクチョンマ(心配ないよ)。
で、私たちはながしのタクシーを拾い、ホテルに3時頃着き、お部屋でビール飲みをし、4時半にベッドにつき、6時半には空港へのバスに乗っていたのでした。
体力勝負。
ついて来い。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2008-12-21 22:44 |