日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宝くじ買いましたよ.

b0006423_23163340.jpg
自分に自信がないとき。
自分の評価が下がっているとき。
何が必要か。
・・・・・・・
・・・・・・・シンキングタイム・・・・・・・・
・・・・・・・

そう、お金だ!
お金があれば、ある程度自信が持てる!!(ような気がする)
自分の評価は分かりづらいので、
たとえば仕事上の評価である場合、
手っ取り早いのはその報酬である。
自分の評価がその報酬額となって表示されるのである。
なんと、わかりやすいではないか。
自己評価がいくら低くても、
周りの評価がいくら低くても、
それに見合った報酬が支払われているということは、
実はその評価は高いのではないか?

・・・・ん?

ってことで、自分の自信へつなげるためにも、お金だ!
でも、評価が高くないので報酬でそのお金を得るのは困難である。
そこで、私の行き着いた結果。
宝くじ。
わらにもすがる思いとはこのことで、
週刊誌や巷で有名な、某スーパーの一角にある宝くじ売り場に赴いた。
偶然にも、大安吉日を狙った。(偶然≠狙った)
意外に混んでいなかった。
「右側の売り場でもお買い求めになれますよ」
というアナウンスは無視。
だって、例の猫の足跡は左側の売り場に向かってるんだよ?
あいてるからって右側で買えるかってんだ。
いざ、バラ10枚購入。
運があるならばたとえ10枚でも当たるはず。
売り場の笑顔のおばさんも
「当たりがはいっていますように!」
って呪文をかけてくれた。
で、ジンクスというか、そうしなきゃ気持ち悪い気がして
猫の足跡にその宝くじをこすりつける俺。
ここで恥ずかしがってそれをしなかったら一生後悔しそうな気持ちでいっぱいです。
これだけこの売り場の売り上げが上がれば当たりが混ざる確率もあがろうというもの。
自分に自信がもてるように、
是が非でも当たりたい私なのでした。

万が一当たっても、報告はしません。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-07-30 23:16 | 日記

ほしかったもの

最近気になる存在だったもの。
扇風機。
熱い!!ってときに待ちきれない冷気じゃなくて、汗が一瞬でひくような風がほしかった。
でも、インテリア的にどうなの?
(・・・っていうほどインテリアなんてどうでもいい。だってすでにモノがそこここに散乱してるし)
しかも、常にそこのモノがある状態ってどうなの?
(・・・っていうほどモノがないわけではない)
で、とびこんだケーズデンキで、出会ったさ
クリップ扇に!!
しかも、広告の品、1000円!
しかも、最後の一品!!
これなら壁にもつけられるし、なんてったって1000円!
すてき・・・・・。
しばし悩んで決意した私、買い物上手ですみません。

「これ、展示品だったんですけど安くなります?」

てへ★
900円で買っちゃった!
しかもレジで直接交渉っていう荒業。
やっぱ関西人なら値切らなきゃね!
・・・・関西人じゃないけど。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-07-17 19:29 | 日記

本日の怒り日記

私はよく戦っている。
たぶん、事を荒立てずにはいはい、って言っていれば世の中もっと生きやすいと思うのだが、
それは、たぶん私の本意ではない。
だって、偽善なんて嫌いだから!
怒ってるのに笑ってやりすごすなんて、誰のためにもならないもーん。
怒っているって意思表示もできなきゃね。
それにしても、今日も疲れたよ。
いつも私と衝突しがちな人なんだけど、きょうもつっかかってきたのよ。
その人の決め台詞は、いつもコレ。

分からないから聞いてるんじゃないですか!!

・・・・何を威張っているのか、何に自信をもっているのかわからないけど、
とにかく、毎回コレを言うの。
でもね、そんな質問してきた人なんていまだかつて誰もいないし、そんなこと考えてること自体、
私には分からないんだけど。

だから、分からないって言ってるでしょう?!

・・・・なんで強気?
「いままで誰にもそんなこと教えたことないんだけど。あなた入社○○年10月でしょ?
それからずっと、そんなことしたことなかったじゃない。」
って試しに言ってみたら、
「入社は11月です!!」
・・・・どーでもいいっちゅーねん。
そんなんかわんないっちゅーねん。
どうしてそんなことで食って掛かってくるのかわからないなーと思いつつ応戦していたら、

・・・おかしいんじゃないんですか?その言い方。
いっつも私にそういう言い方ですよね。

おうよ!!
この態度はお前が引き出してんだよ!!
お前の物言いが、私にこういう物言いをさせてんだよ!
分からないから聞いてるんじゃないですかっていうけどな、
こんなこと分からないほうがおかしいんだよ!
おかしいのはおまえじゃ!!

キーッっとなった私はゆっくり息を吸い、
「わかんないっていうから教えてあげたのよ。これでわかったでしょ。」
と、わざということで、ようやく話を終えることができました・・・。

いろいろと、なだめたりすかしたりしてみたものの、こいつとはまた戦う予感・・・。
たいがいにせい!!
疲れるわ!あほ!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-07-11 23:31 |

猛虎襲来

b0006423_2310887.jpg
いっやあ、野球全然みとらんわ。
応援団の皆様の激しい応援に見とれちゃって、野球全然みとらんわ。
そもそもこの日の球場は、外野からはスコアボードがまったく見えない不親切なつくり。
得点、回はもちろんのこと、打順?打席?エ?両方違う?とりあえず、次に誰が打つかもわからないのさ。(あたいだけ?)
それなのに応援団の皆様のはちゃんと分かっていらして、それにあわせて巧みに掛け声・応援歌を操っておられる。
さすがっす……さすがっす兄さん!
漢(オトコ)っす……漢っす兄さん!
外野席は私設応援団ばかりだけあって全国から集まってきた熱烈阪神ファンのかたがた。
早朝よりとった場所を快くゆずってくれました。
リーダーみたいなおっちゃんが
『ねーさんら地元の人やろ?ようお前ら場所あけてやれや!わしら色々応援まわっとるから神宮とか甲子園来ることあったら電話くれたらええ。』
おおきに。兄さん。そしたら近くまで行ったら寄らせてもらいまっさ。
ただしおっちゃんの仲間みたいにコスプレまがいの虎ファンの格好は難しいかも知れへん。
頭に食い倒れ人形付けたりラムちゃんみたいな虎柄のスカートとかはちょっと厳しいかもしれん。
それにしてもこのくらいお祭り気分になれるんなら野球の応援で全国行脚も楽しいかもね☆
特に阪神は応援が楽しい!
野球は相変わらずわからなかったけど!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-07-09 23:10 | 日記

・・・・・・とさ。

今週末はプロ野球を見に行くんだとさ。
阪神VSヤクルトの交流戦なんだとさ。
会社の上司に阪神の大ファンがいて、有無を言わさずチケットを買わされました・・とさ。
しかもあるとき
上司に「いますぐ部屋に来るように。」って呼び出しをうけて
おっかなびっくり行ってみましたとさ。
「どのTシャツにする?」
って、数あるTシャツがそこここに飾られていて、レンタルしてくれるんだとさ。
まっ黄っ黄のユニフォームだとか
背中に39?YANOとかプリントされているTシャツとかのなかから私が選んだのは
2003 central league champions記念Tシャツ。

なんかこれじゃあ、すげーファンみたいじゃん?

やばくね?
このTシャツきて「ホームランは2点入るんだよね!!」とかいったら
こってこてのファンの人たちに袋叩きにされてしまうがな!!
しかもこれ、貸してくれた人が貸してくれた人だけに
見るからにビッグTシャツ。
いっやあ、いくらなんでもこんな大きなのは着こなせねーだろ!と思いつつ
とりあえず、家で着てみましたとさ。

ははは。
・・・・・・・・・・・これが意外にちょうどよく着こなせちゃった・・・とさ。

サイズほとんど同じなのかよ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-07-05 23:15 | 日記