日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

表参道にいます

b0006423_2043910.jpg
訳のわからぬまま、長蛇の列に並んでました。
列の向こうに何があるのかは、その時点では分かっておりません。
入ってみたら、
スマップがライブの時に着ていた衣裳が飾ってありました。
b0006423_22559.jpgDVDが販売されてました。
……限定のチョコレートは売り切れでした。

ただ通り過ぎるために、30分以上並んだ、年の瀬。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-31 20:04 | 文化芸能部
b0006423_21482494.jpg
クリスマスの朝、素敵なプレゼントが。

「めざましテレビ」花プレゼント
ご当選おめでとうございます。
フラワーショップ
(株)フジテレビフラワーセンター

∑(o゜Д゜oノ)ノ
応募したことすら忘れてました。
忙しい朝のひととき、
お天気の愛ちゃんが
「今週は可愛いピンクの薔薇をキティちゃんのマグカップのアレンジメントにしてお届けしまーす♪」
って言ったのをきいて
うわ!可愛い!かわええのぅ!
ってさっそくはがきを書いたとさ。
今思えば、当たると思ってないのに出したんだよなー。
なんで当たったんだろ?
今年の運を使いきりたかったんかな?
とにかく、ありがとう。
うれしいです。
毎日このピンクの花に癒されてます。
たとえ今年クリスマスケーキを食べていないとしても!
………(/_;)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-27 21:48
b0006423_23214036.jpg

さて。上海雑技団は必ず見なければならぬ。
これを見ずして、中国、いや上海に行ったと語るなかれ。
上海雑技団といっても各種あるのは知っているだろうか。
ひとつの団体が束ねているのではなく、様々な形態のものが存在しているのだ!
動物が出ているものやアクロバット中心なものなど。
でも私、シルクドソレイユ好き。
当然、その系のを見たい!
そこで選んだのが上海商城劇院。会場はリッツカールトンにあるの。
どうせ行くなら、高級ホテルも覗いてみたいじゃない?
ここはこのホテル内にあるだけあって、安全面から動物は出演していない。
チケットは事前に購入しておかなければならないのだが、現地駐在の知人に頼んで入手。
200元のチケットは売り切れだったから150元のランクにした、とのことだったが
30%引きになったらしく、105元。
その席も、行ってみたら最前列左端。
すばらしい!
充分です!
雑技団員の息遣いが聞こえてきそう。
それにしても、ほんっとにすばらしいよ・・・。ため息。
今度日本でやるシルクの「ドラリオン」のCMとおんなじことやってるもん。
みんなかわいくてかっこよくて、涙が出そうだったよ。
外国人の観客が多いせいか、フラッシュたいて写真とってる人多し。
ホントはいけないんだろうけど、私もとっちゃったっ。
・・・でも、飲食禁止!っていってチェックしておいてカメラノーチェックってどうなのよ?
神経使うバランスもののときにフラッシュの光って、迷惑じゃない?
・・・また来たい・・・!
また、この同じ会場でもいい!!
動物なんかより、人間の身体能力のすばらしさを感じたい。
人間って、こんなにしなやかな身体を表現できるんだ、って感じたい。

演技が終わったら、さっきまで舞台にいた子たちが、お見送りしてくれます。
(というより、健気にパンフ売ってました。)



上海商城劇院(ザ・ポートマン・リッツカールトン・上海内)
地下鉄静安寺から徒歩5分
毎日19:30~21:00




おまけ。
このリッツカールトンホテル前の歩道がコンクリート塗りたてだったんだけど、
立ち入り禁止の柵が甘かったので、知らずに歩いた我々一行の、
・・・・・・・足跡がそのまま固まってしまいましたとさ。
次に行ったときもそのままあるといいなあ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-24 23:21 |
b0006423_0262657.jpg

大閘蟹(ダージャーシエ)です。
9月の産卵期のメスは日本で食べたからいいとして、
今回は11月のオスです。
しかも、当然のことながら最高級とされる陽澄湖のもの。
そもそも大閘蟹の閘とは網というか囲いをあらわしているもので、
この湖で生息している蟹を囲いで追い詰めて捕獲するのでこういう言い方をするんだとか。

おいらたちが食べたのは王宝和酒家。
上海蟹、創業250年の老舗のお店です。
JCBで予約してもらったので、通常200元のコースを
ランチで120元と、超サービス価格。
前菜から流して当然上海蟹もまるまるといて、その数10品あまり。
卵の白身と蟹ミソの炒め、おいしかったわね。
そしてなにより上海蟹ですね。
メスはメスでおいしかったけど、オスもまた違った味わいが!
なんというか、みっちりとつまった精巣がねっとりとした味わい・・・・
あれ?この表現あんまりおいしそうじゃない!
ヤバイ!彦麻呂になれないーーー!

まね、蟹食べにくいんだわ。b0006423_0554594.jpg
日本で食べたときも充分食べにくくてめんどくさかったんだけど、上海ではさらにめんどくさい。
だって、武器が、いけばなで使うようなはさみ一丁なんだもの。
日本では小回りの利く小さなはさみがあったので足もなんなく切り開いたのだけど
こんなはさみでちまちま身がとれるかーってーシロモノ。
だがしかし、まわりの中国人は、身を半分にし、そこに直接かぶりつくだけで
ちまちま足なんて食べてない様子・・・。
なるほどね。
なるほどですね。
でもな、
日本で食べたときは
蟹は身体を冷しますから生姜湯を飲んでくださいね、と必ず生姜湯がついていたのに
上海ではそんなものなく。
中国のほうが身体を冷すこと嫌いそうなものなのにね。

でも、上海蟹と食べる、ってこと、
イベントとしては楽しめますなあ!
来年も是非このイベントに参加したいでっす♪

王宝和酒家ワンバオフーレストランb0006423_0562362.jpg
上海市福州路603号
ランチ  11:00~14:00
ディナー17:00~20:30
               


   蟹ミソ入小籠包。これまたうまくて追加オーダー
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-17 00:26 |
以前に変身写真を撮った人の写真を見せてもらったら、
お見合い写真にできるくらいすばらしかったの!
まさに変身写真でさ。
これ、お見合い写真に使ったらいいんじゃない?って言ったら
「本物はいつ来るんだって言われるよ」
・・・・うーん。うまいこと言う。

この写真を撮ることは上海に行くまでも、そして行ってからも悩んでたんだけど
(だってそんなに安いものじゃないんだもん)
混雑状況を電話で聞いてみたら、これからなら予約できるっていうじゃない?
・・・・うーん。うーん。どうしよう。自分がやって変身できるとは思えないし。
でも、これから予約できるってことはこれはやるしかないんじゃ?
しかも、これからの撮影なら、上海にいるうちに出来上がりを受け取ることができる・・。

や、やるか!!

で、上海萬紅照相館(シャンハイワンホンジャオシャングァン)。
以前は衣装3着15ポーズで350元だったんだけど、
その後るるぶや雑誌で紹介されるようになり、いまじゃ
3着16ポーズ480元。
または1着3ポーズ300元(フォトスタンドに入れた一枚サービス付)。
私は初めてだったので衣装3着をオーダー。
青系の服が好きなので、青とか緑を選んでいたら、お店の小姐がなぜかピンクをお勧め。
「私の経験から言って、あなたはこの服がいい!」

ほんとかよ!!

ピンクじゃ膨張するじゃねーかよ!
とはいえ中国語でそんなこと言えるはずもなく、あっさり受け入れる俺。
台湾や韓国でも変身写真はあれど、ここが他と違うところは、ヘアメイクがつく点ではないか。
適当に化粧直しをして衣装に着替えて撮る、のではなく、
眉毛も剃られ、整えられ、ファンデーションをしっかり塗り、鼻筋に陰影をつけるべくシャドーまで念入りに塗られます。
その後衣装にあわせてヘアもつぎつぎとセットをかえていき、アクセサリーもじゃらじゃらです。
いざ撮影となったら、背景のロールスクリーンは次々と変わるわ、鳥かごから琵琶から煙管から次々と小道具を変えるわ、ポージングも細かく指導があるわ、すごい体験でした・・・。
b0006423_015411.jpgこんな角度ヘンだろ~?と思うような、
「はい、下向いて~ちょっと右~で、目線ココね~」
「首まげて~ちょっと下むいて~ハイ笑て~(←やっぱりヘンな日本語で)」
ってゆーカメラマンの指示にも健気に答える俺。
指も角度まで指示あり。

監督!
わたし、もう笑えません!

ええ、ええ、ほんとに笑えないんですよ。
笑て~って、笑えるかっつーねん!!
2時間以上もいたでしょうか・・・・。
ようやく解放されたおいらたち、
小姐にむりやりつけられた二重シール3枚重ね+アイプチでばりばりになった目のまま、
写真館のスタジオをあとにしたのでした・・・。

翌日ホテルに届けられた写真。
豪華布バリで箱に入って、さながらお見合い写真。
恐る恐る見てみると、
い、意外にいいんじゃない?
思ってたより、ちゃんと変身してるー!!
その後風呂にもはいらず1時間も写真を眺めて過ごしてしまいましたとさ。
だって、チャイナドレスの写真なんて、まさか背中のファスナーがしまらなくて安全ピンでとまってるなんて思えないようなすばらしい出来。
いやあ、このチャイナドレスもね、サイズ大きいのにしたんだけどそれでも入らなくてね、
泣く泣く安全ピンだったんだけど、ヘアメイクの小姐も笑いっぱなしよ?

私  「・・・・・・没問題?(メイウェンティー?)」これって問題なぁい?
小姐「問題!問題!!(ウェンティ!ウェンティ!!)」問題よ!

泣。

でも、この次行ったら、私、女優のように笑ってみせるわ!!
みてらっしゃい!!


上海萬紅照相館
上海市静安区延平路249号←はじめココに向かうと
上海市静安区康定路841-3←ココのスタジオに連れて行かれます。
(021)6267-9469(中国語)
13386290303-8802(日本語)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-16 23:52 |
b0006423_23325745.jpg
上海の広東料理といえば飲茶がお約束ですが、
この旅のテーマの根底に上海蟹があった私達、目指すのは蟹子入小龍包。
上海っ子にも人気のある「避風塘(ビーフォンタン)」に行きました。
場所は南京西路沿いにある、上海展覧中心の隣、上海商城(リッツカールトン上海)の向かい。
お店の前の歩道にオープンカフェよろしくテーブルがならんでいるのですぐ分かります。
夜ともなればそのオープンカフェに電飾がともってキレイです。
いつも行列ができるくらい大人気なお店らしいけど、行った時間がちょっとずれてたので、すぐに座れました。
店の雰囲気もいかにもいいです。
頼むと日本語のついたメニューも持ってきてくれますが、注文用紙が中国語バージョンしかないので、結局わかりません。
バインダーにはさめた注文用紙に自分で数量を記入してオーダー。
どれも20~30元とお手ごろ価格でいくらでも食べられそう。
その日の夕食には飲みに行くことがきまっていたのであまり食べないようにセーブ。
それでも小龍包にはじまり蒸し春巻き・青島ビール・焼きそば(周りのテーブルの人がほとんどこれを食べていたので追加注文)まで食べちゃいました。
海老餃子なんてぷりぷりで、たまらん。
小龍包なんていわずもがな。


この店は朝5時までやっているそう。
また上海に行ったら、必ず行きたい店です。

このお店の繁盛にあやかって、上海には避風塘に似たお店があるらしい。
また、ひとつのジャンルになり、「避風塘料理」ともいうらしい。
とりあえずは、本家にいくべし!
マスト上海!

そうして、腹ごなしをした我々は、変身写真をとるべくいそいそと店をあとにしたのでした。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-05 23:32 |

上海到着日

成田からのナイトフライトだったので、
上海に着いたのは21時も過ぎていました。
今回の宿泊ホテルは上海賓館。
ツアーでよく使われるとのことで日本人が多いと評判だったのですが、
意外にいません。
繁華街から離れているからでしょうか。
ホテルにチェックインを済ませて、
早速上海の夜にでてみることに。
事前に、上海賓館に泊まるといったら、近くにいい店があるからいってみなさいと
紹介された、居酒屋に行くことに。
(あ、今回の旅の仲間とは、アルコールの価値観が一緒です!
というより、いつも旅仲間とはアルコール価値観が一緒でうれしいです!)
そこは”居酒屋栄”で、まるで日本。
店内は日本語のメニューばかり。
そして、日本の駐在員の名刺が壁にびっしり。
みな面白がって貼っていくらしい。
これって梅田のお好み焼き「きじ」の定期券貼るのと似てるな。
とりあえず、はんぺんのチーズ焼とフライドポテトをアテに、青島ビールを注文。
日本の居酒屋と違うのは、店員の上海小姐が、常にビールを注いでくれること。
しまいにゃ飲むと注がれることにいたたまれなくなったりして。
言葉がわからないから、にこにこっっとして注いでくれるんだもん。
この店は11時閉店だったので、ビールを2本にとどめて出ることに。
ホテルまでの帰り道、交差点に屋台発見。
ひとつは鍋の屋台で、もうひとつは串焼きの店。
興味があったのと、野菜不足を感じたのとで、
青々としたアスパラっぽい串焼きをオーダー。
値段を聞いたらなんと、1元(15円)。
ナス焼きも注文。
焼きあがったらちょっと辣(ラー=中国語で辛い)のスパイスをふりかけて。
食べてみたらアスパラではなくにんにくの芽だったけど、うまかった。
やーん。上海に降り立ってまだ2時間くらいなのに、楽しい。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-04 22:57 | 日記

雪が降りました

急に寒くなってきました。
防寒対策がまだ十分ではないので、寒さが身にしみます。
そろそろ車のタイヤもスタッドレスに替えなきゃなー・・・と重い腰をあげて
いざ外にでると。
すでに雪模様!
ひー。
実家にタイヤをとりにいって、その場でタイヤ交換を自分でやるのが私の基本なのですが、
こんな寒さではそれもいかがなものか。
だって、車にスタッドレスタイヤを積んでスタンドで替えてもらい、戻ってきてから
またタイヤを収納するのめんどくさいんだもん。
まわりからはそーとー驚かれるけど。
で、
早速交換してみようと思ったら。

はずれない。

さびてるのか、はずれない。

しまいにゃ、

ジャッキアップしているときに器具がはずれて唇を強打。
ひーーーーーー!
血の味がするよーー
みるみる腫れて、いかりや長介だよーー

ひーーーー

小指を骨折したり
唇を腫らしたり、
ひじょーに忙しい毎日を送っています。
はやく、上海のおもしろ話をしたいのに!!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2006-12-03 21:28 | 日記