日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

え――――ッ!

なんでディパーテッドが作品賞?(ついでに監督賞?)
納得できない―――!

‥‥‥ま、おいらが納得しないところでだからどーしたって感じですけど!

リトルミスサンシャインは納得。
ジェニファー・ハドソンも当然の受賞だわさ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-02-26 16:45 | 映画

映画2選

近年面白かった映画は?と聞かれたらきっと答えるであろう、『インファナルアフェア』のハリウッドリメイクの『ディパーテッド』を観ました。
b0006423_22551824.jpgその制作権をブラピが取得した、とか自分で演じるのをあきらめてディカプリオに譲った、とか話題はいろいろありました。

が。

残念ながら★★。
がっかりだよ!!
やっぱりアジアの混沌が舞台じゃないと、この心情が伝わらないのかな?
どのキャラも希薄で、オリジナルにあるようなやるせなさとか焦りとか願いとか、全くない。
マット演じるコリンの本当の気持ちとか、ディカプリオ演じるビリーの願いとか、二人の間で揺れる女医のとまどい、とか。この女医なんてキャラが薄すぎて、役者の名前も劇中の名前も思い出せないよ。あんなに衝撃があったオリジナルを、どうしたらこんなにつまらなくすることができるんだろ?舞台がボストンにうつったこととか人種差別のこととかなんて言い訳にもなんない。
なんでも、このハリウッドの脚本家は、あえてオリジナルを見ないで書き上げたそうな。
・・・・・そりゃわかんねだろーよ。
オリジナルでの瞬間衝撃度が120%を越えた(自分調べ)、あのシーンにしても、
それぞれの背負うものが表現しきれていなかったために、ふーん、って感じで過ぎていった。
あのときのトニーレオンの表情なんてもう、忘れられないくらい胸が痛んだのに。
香港という舞台がそうさせたのか、トニーの「善人になりたい」と言う強い願いが痛いくらいに伝わってきた。そしてアンディの、一生背負っていかなければならない無間地獄も、思えば同情できた。そういう“間”が語る心情を、ハリウッドは表現できないんだよなー。
キャストはそこそこ豪華だけに、もったいないよなー。

b0006423_23111727.jpg一方『ドリームガールズ』。
サイコーだよ!よかったよ!★★★★★。
是非もう一回みたいでっす。
ミュージカルが好きな私、この映画嫌いなはずがありません。
そしてビヨンセが好きな私、好きでどうしようもありません。
オースティンパワーズのマドンナ役がビヨンセだったときも、
チャーリーズエンジェルのテーマソングがディスティニーチャイルドだったときも、私はビヨンセに釘付けでした。
このドリームガールズのために10キロ痩せたというだけあって、かわいくてたまりません。
元ネタはモータウンレコードを立ち上げたときのダイアナ・ロス&シュープリームスなんですが、途中でメンバーが替わって活躍する、というのはディスティニーチャイルドともいえるでしょう。
最後の方でビヨンセが歌い上げる“Listen”はしびれたなあ。
しびれたといえば新星ジェニファー・ハドソンはすごいよ。
ほんとに新人?!
以前はアメリカのオーディション番組で最後まで残ったりした実力はあるらしいけど、
顔もチャーミングだし、踊りも歌もよかった!このために太った、っていってたけど、きっともとからだよ!(妙な確信)
はじまって1時間くらいには、菊地凛子は助演女優賞は無理だな、って確信したもん。
ジェニファーに決まりだよ。
やっぱこの人種の音楽はソウルフルだよ。
音楽とともにストーリーが進んでいくんだけど、冒頭のオーディションシーンから鳥肌が立ちっぱなしだった。どの歌をきてもぞわわわわわーっと、きた。

はうっ!
ビヨンセーーー!!
好っきやーーー!!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-02-19 22:55 | 映画

閑話休題: 社員の品格

最近、ハケンの品格なるドラマが人気があるそうで、
木曜になると、主役の「オオマエハルコ」に似ている、と言われる。
篠原涼子に似ているからではないと思う。
ヒューマンスキルが足りないから、と言われたほうがわかりやすい。
実際、ドラマのなかでのオオマエハルコの台詞はほぼ私の台詞である。
デジャヴのようであり、他人のような気がしない。

週明け会社に行って、代理にムカつく。
ただでさえ休み明けで仕事をすることは楽しいものではないのにヤツが火に油をそそぐ。
あまりの使えなさに、つい出た言葉は
「給料泥棒。」
週末にお芝居『ドライビングミスデイジー』をみたので劇中その台詞がでてきたことに由来するのだが、それにしても代理がつかえなさすぎた。
「あのさ。仮にも代理なんだから、ちゃんとやってよね。
私と同じ立場じゃないんだよ?もっと自覚持ってくれる?
自分の給料に見合った働きしてくれないと困るんだけど。給料泥棒ー。
そうやってゆっくり仕事やって残業して残業代稼ぐ気でしょ。残業たくさんして仕事した気になんないでくれる?残業は仕事できない人がやるもんだよ?」
・・・・でも、代理えらい。
へこまない。
こんなについうっかり毒を吐いても、そんな気ないんだけど・・・とかいって
怒ることなく反省している。
いい人だ。←?
マゾだと思う。

週半ば、次長にムカつく。
時間内に仕事を終わらせるということをしないので、遅くまで会社にいる。
そして仕事がないわけじゃないのに、私の仕事までやってる。
で、つい毒が出る。
「ただでさえ仕事たまってんのに人の仕事する時間まであるの?
そんな暇あったら自分の仕事すすめたら?
今日回したもの明日にしか返って来ないんだから、つまんない仕事してる時間あったら
今日のものは今日まわしてくれます?」
次長、「・・・・・はい・・・・・」といって巣に帰っていく。
叩かれるより叩くほうが痛いんだよ!
こんなことしがない女子社員に言わせるんじゃないよ!!
・・・・・・でも、次長えらい。
怒らない。怒ったのを見たことがない。
こんな毒にも耐えているらしい。(聞き流しているのだろうけど)
いい人だ。(たぶん)

だいたい、こんな私に誰がしたのだ。
周りがもっとちゃんと働いてくれたらこんなこと言わなくていいのに。
とはいえ、言ってもわかんないヤツのほうが多いけど。
とくに、最近の若いモンと話すのはつらい。
ほんと、学力の低下といわれているのが分かる。
先週びっくりした若者の一言。
パンフレットにも書いてあるようなことを電話で質問してきたので、
まず自分で確認はしたのか、パンフ等は確認したのか?と教えた。
そもそも私、魚の取り方は教えても魚は与えない主義である。
一度魚を与えたら、そいつは自分で魚を取ろうとしないでいつも魚を配られるの待ちやがるので、取り方を教えるから以降は自分でとりやがれ、と指導したいのだ。
で、若者にもまず何を確認したらいいのかを教え電話をきったのだが、
しばらくしてまた電話がきた。

「で、その後わかりましたか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
なんだその言葉は?
そりゃもう、おいらびっくりしちゃったね。
こんな態度の私を責める輩もおろうが、この態度はそういう輩が引き出しているっつーのを
忘れてもらっちゃ困るわいのうー。
今日も私は口からデトックス。
岩盤浴やヨガでちまちまデトックスなんてしてられるかってーの。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-02-15 23:13 | 日記
b0006423_0334265.jpg
前回感動した上海雑技団へ、今回もぜひ行きたい!ということで今回選んだのは地下鉄1号線上海馬戯城駅から徒歩2分、上海馬戯城(シャンハイマーシーチョン)。
地下鉄の名前になっているだけあって、地上にでるとドーム状の建物がどどーん。
サークル状の客席の真ん中にステージがあって、見上げると天井にはいろいろぶらさがってて、わくわく度が増します。
席種もいろいろあり、一番高いVIP席は580元するだけあって軽食とワインがつくそうですがおいら達の席も旅行会社がもっている席だけあってまん前の良席です。
現地のみさとちゃんにとってもらったのでとっても格安で手に入れたのでお得感もばっちり。

現在この劇場でやってる演目は「ERA~時空への旅」
なんのこっちゃわかりませんが、休憩時間のステージは時空を思わせます。
b0006423_0334241.jpg
2006年8月よりカナダ人を演出に迎えたそうで、そりゃもうシルクドソレイユに似ています。
輪くぐりも、天井からぶら下がった布で男女の愛を表現するやつも、片手バランスも、
今東京で開催されいてるドラリオンと同じです。
(・・・同じっていっても問題ないのかしら?)
ステージの上の方の天井間近のところには生バンドや生コーラスの人もいて、ステージのほかにそれも見なくてはいけないので忙しいです。
時折その人たちがステージまで降りてきて歌ってたり、気づいたら天井のほうで人がくるくる回ってたり、そりゃもう忙しいです。
あっという間の1時間半ですが、どきどきで指の間から見なければいけなかったり、エンターテイメントです。

ステージが終わると団員は衣装のままロビーにならんで待っていてくれるので写真を撮ることが出来ます。(ところが100元もとりやがります。)
b0006423_117059.jpg
係員が合図をすると、
「3・2・1・オーッ!!」
っていって、団員が手を上げます。
それがおもしろくて真似していたら、帰りの地下鉄で、オーッと掛け声をかける係だったお兄さんと会いました。真似をしていた日本人がおもしろかったらしく、話しかけてきましたので、地下鉄を降りるときにわざとオーーーッと手を上げて挨拶し「再見!!」と叫んだので、お兄さん、(王さんといいます)恥ずかしそうに下を向いていました。
いい思い出です。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-02-12 00:33 |
リージェントは私のおうちではありませんでした。
ええ・・ええ・・泊めてもらったんですよ・・。
私のホテルがあんまりかわいそうだってんで、同情して泊めてもらったんですよ・・。
私が泊まっているホテルを説明するだけでネタと思われるくらい同情したみたいです。
でも、私が泊まったホテル、とある本ではオススメホテルになってるんですよ。

そのホテルの名は、「兆安酒店」
地下鉄1号線漢中路4番出口直結なので交通至便。
”お買い物の途中に荷物を置きに来ることもオッケー★”なんて案内されてます。
リージェントがLグレードなのに対し(らぐじゅありーのLでしょうか・・・?)こちらCグレード。
そりゃ確かにやすいですよ!
旅行会社の説明では24時間両替可能!なんてあったけど、実際夜にいったら朝に来いといわれ、朝に行ったら10:30過ぎに来い、さもなくば通りにでると中国銀行があるからそこでやってこい、と言われ、とりあえず10:30にもう一度いってみたら一万円しかできないと言われたことなんて、かわいいもんよ。
b0006423_23565578.jpg

朝ご飯が、なぜか廊下に用意されてるのも、まあ、・・・・・・・・我慢できるよ。
(リージェントに行くまではとくに疑問に思わなかったんだけど、考えたら廊下ってすごいことかもしれません)
朝食会場にはなぜかボンジュールと言葉を発するヨーロッパ人が99%で、残り1%のイエローモンキーがアタシ一人だったことなんて、そりゃもうおもしろ話でしょ。



さらに、空港からホテルまで送ってくれたガイドさんの案内によれば、
「洗面所の手を拭く小さいタオルは有料だから。」b0006423_0153638.jpg

・・・・・ええええええええ

んなわけないだろーーー!
そんなホテル泊まったことないし聞いたことないし、
なにより黄ばんだこのがさがさタオルがですかーーー?!隣においてある水はサービスなのに、タオルが有料ですかーーー?!
・・・そこはほら、ヘタレの私ですから、期間中は律儀にタオル使いませんでした。

b0006423_0165917.jpg
部屋はそんなにヘンじゃないんです。
もともとシングルというカテゴリーがない中国なので、一人で泊まるとしてもダブルベッド。
きゃーんこんなにひろいと足伸ばしてもベッドの端に届かない~キャッ
・・・なんて、リージェントを知ってからははしゃいだ自分を反省したものです。
このホテルの近くには長距離バスターミナルがあることがウリなのですが
私とくに近郊の街にも行きませんでしたので、恩恵をうけられませんでした。
コンビニも近くにありません。
ホテルについているタクシーもありませんでしたので
果敢にも道路まで出て行って流しのタクシーを拾わねばなりませんでした。

わたくしがまたこの旅で大人の階段を登れたのは
もしかしたらこの兆安酒店のおかげかもしれません。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-02-11 23:56 |
b0006423_23442988.jpg
みてください。このゴージャスなバスタブを!
うっかりするとおぼれますよ。蛇口を間違うと、変なところに向かってシャワーが発射されますよ。大理石に囲まれてますよ。
バスルームの扉を開け放つと、リビングと一体化してセレブなバスタイムを演出!
ほら、こんなにもセクシーに!(お色気サービス中↓)
b0006423_23442913.jpg
バスタオルだってあまりの厚さにあつかいにくいことこの上なし。巻こうとしても巻きづらい!

だって、このリージェント上海のラグジュアリー感といったらもう!
広々としたロビーも、大きくてリッチなソファも、高速で登るエレベーターも、リージェントだからよ?
ロビーの螺旋階段でヴァイオリンの生演奏があるのも、26階にあるプールが階下に流れるように水をたたえているのも、ベルボーイが制服男子でなぜだかかわいくみえるのも、リージェントだからよ?
そしてすばらしいのは朝ごはんよ!!b0006423_0262321.jpg
あまりの広さにどこからまわっていいのか、何を食べたらいいのか、何回食べたらいいのか分からんわ!
和・洋・中とそれぞれオープンキッチンが分かれているほか、パンやデザートのコーナーもそれぞれ分かれているの。でね、デザートもさー、フルーツのほかにこんなにも豊富に用意されてるわけ。もうやんなっちゃうよ!b0006423_0265134.jpg
粉モノ文化の中国だからでしょうか、”麺その場調理サービス”まであんのよ。
卵料理のシェフが常駐してる?パンケーキのシェフが?クレープのシェフが?ノンノン。
そんなの当たり前さー(沖縄風に)
世界に広がるリージェントの翼、このサービスは中国だけじゃないかしら?
平麺や普通の麺を選べるのはもちろん、上に乗せる具材もその場で選んで麺を完成させるのよ。あーうまく説明できない!
ここでもうまく説明できないくらいですから、当然その場でも注文できるはずもなく。
ただ見て終わったおいら・・・ヘタレです。
だって、どうやって注文したらいいかわかんないくらいいっぱい種類あったんだもん!

とーにーかーくー。リージェント上海はすばらしかった・・・。
延安西路というところに位置しているのでタクシーじゃないと不便なのですが周りにコンビニや按摩店(マッサージやさんね)もあってよかよ!
上海のセレブ御用達のフォーシーズンズ(おいらの滞在中はエリッククラプトンがステイ!)や世界一高いところにあるホテルとしてギネスにものっているグランドハイアットに泊まったことがないので比べられないかもしれないけど、リージェント上海ーすてきだー。b0006423_0274278.jpg

・・・・でもね。
ホントのおいらのホテルはここじゃなかったんだ・・・。
それはまた別のお話。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-02-03 23:44 |