日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー

<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2時限目 渋谷

b0006423_22362911.jpg
カウントダウンライヴ2007
体力勝負です。
あぁ……これから何時間立ちっぱなんだろう……
スタンディングつらい……



ちなみに代々木第一体育館では恒例のあゆのカウコン。w
そして恒例の、あゆ車の集い。
b0006423_2243780.jpg
あゆの似顔絵を描いた車や、後ろにモニターを搭載した車や、デコトラよろしく皆が集って車のみせあいっこです。
会場周辺にはあゆバイクも多数確認されました。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-31 22:36 | 文化芸能部

まずはこれから~

b0006423_20572210.jpg
キンキキッズの年末コンサート。
今年もまたひょんなことから行くことになりました。
すげー人いっぱいいます。
水道橋駅に降りたときからすでに行列が!
( ̄□ ̄;)!!
どうやらグッズを買うための行列らしい……
今回はスタンド席なので、軽~い気持ちで参加してますから、グッズも買わないしトイレにも行かない…にひ。
ドーム真ん前の東京ドームホテルはジャニーズファンがつまってるんじゃないか、ってくらい窓にウチワ飾ってたりキンキのコンサートのトレードマーク飾ってたり、おもしろいことに。
そしてさらに、キンキのコンサートのあとはジャニーズカウントダウンがあるので
ダフ屋からチケットほしい人から何から、大晦日ってことを忘れさせる盛り上がり。
(一口メモ:カウントダウンは略して“カウコン”って言うらしいよ!!)
ところで
いいのか?大晦日にこんなとこにいて。

b0006423_22383040.jpg
東京ドームシティのイルミネーションイベントは今年も素敵ですっ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-31 20:57 | 文化芸能部

東京駅グランスタ!

b0006423_1642879.jpg
駅構内にいながらにして
目移りしそうなお弁当の数々!
グランスタとは
最高峰を意味するgrandと4つの意味を持つsta(station、start、state、stage)を組み合わせた造語だそうです。というのはどうでもいいとして!
ここで色々買いまくって豪華な昼ご飯♪
日本酒は愛知の醸し人九平次。
(※注:昼ご飯ですが)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-31 16:42
ソウルに来たら、
ホテルのお風呂は使いません。
一日は汗蒸幕に行くとしてあとは地元の健康ランド的存在、チムジルバン!
ホテルで
「この近くにチムジルバンまたはサウナはありませんか?」
と聞いたら
「この辺はないですね・・・向かいのビルに、サウナがあることはあるんですが、
設備もあまりよくないし日本語通じませんので」
とのこと。
ま、いいんじゃない?没問題でしょ。
ってんで、行きました。
24時間サウナ!
b0006423_0392911.jpgビルの4階なのに、とっても広いお店。
入り口でお金をはらい、ガウンの貸し出しも受けて(このガウンがないと、チムジルバンのある大広間みたいな休憩所にはいれないのです)いざ。
「テミリ?」と、アカスリはするかと聞かれたのですが、明日するので今日はしない、と。(ちなみに入場料6000₩ガウン1000₩アカスリ17000₩)
本当は一度シャワーを浴びてからサウナにいくのがいいんだけど、めんどくさいのでそのままガウンを着てサウナへ。
50℃・65℃・80℃と三つのチムジルバンがありました。
とりあえず温度の低いところから順番にはいってみたものの、65℃の部屋は「恐怖!蟻地獄の部屋!」で、小さい黄土の玉が部屋一杯にしきつめられていて、足を入れると足がずぶずぶと埋まり、そして熱いときた。
そっと寝転がり砂風呂よろしく身体に玉を乗せて見たものの、あつくてたまらん!
しかもとなりでは小学生のような子供が玉で遊んでいる。
明らかに存在がういている日本人を見ながら。
で、80℃の部屋はほぼ汗蒸幕状態。
気道が焼けるかと思いました。
すぐにでました。
チムジルバンをあとにして風呂場のほうにいき、ひととおりこなしたわけですが、
本当に地元の人ってアカスリ自分でするんだね。
そこここで子供がこすられてたり家族で背中こすりあってたり自分でこすってたり。
一人で来た人やおばあさんはテミリコーナーでアジュンマにやってもらってたけど。

文化の違いを実感したこと。
「韓国の眼鏡をかけている人は、風呂場でも眼鏡をかけている」
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-30 00:40 |

ソウルの朝ごはん

b0006423_018878.jpg
ソルロンタンです。
今回のソルロンタンは、明洞のシンソンソルロンタン。
コムタンが牛のテールスープなら、
ソルロンタンは牛を丸ごと煮込んでスープをとっているので
旨みがでないはずがありません。
御飯をスープに入れて食べてもよし、
キムチをスープにいれて辛味を調節しながら食べてもよし。
ソルロンタンといえばカクテキがつきものですが
ここのキムチは浅漬けで旨!!
アジュンマが取り分けてくれたキムチのほかに自分でまたこっそり足しておかわりして食べちゃったよ!
やっぱ寒い時期は白菜がうまいね!

食後は近くのクリスピークリームでコーヒータイム!
にひひひ!
b0006423_019855.jpg
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-30 00:19 |
ソウルに行くことを決めたときから、
連れが決めていたソウル御飯
「タッハンマリ」

・・・・つかどこで食べるねん!
たしかそーゆー店ってディープなところにあったはずやで?

といういろいろな思いを胸にグっとこらえ、
いざゆかんタッハンマリへ!
案の定連れは他力本願全開でお店の名前を調べることはもちろん
地図さえ用意しておらぬ・・・。
むむ・・・・このB型め!
困ったおいらは困りながらも手持ちの小さい地図を片手に
東大門の鐘路5街(チョンノオーガ)を彷徨います。
あまりにも分かりにくい地図だったので、タッハンマリ通りをうっかり通り過ぎてしまったので
近くのお店のアジョシに道を聞きながらようやく到着。

店の名前はチンオクヘ・タッハンマリ!
タッハンマリとは鶏一羽鍋のことなのです!b0006423_07128.jpg
タッ(鶏)ハン(1)マリ(羽)なのですね。
※タッのパッチムがハンと連音になって“タッカンマリ”と発音するんですがね
店に入る前に人数を聞かれ、続けて
「ハンマリ?トゥマリ?(一羽?二羽?)」
と聞かれて鶏の数を聞かれたらあとは自動的にテーブルに運ばれてきます。
とりあえずのセットということで焼酎1本・トッ(餅)・ククス(うどん)も持ってこられますが
いらないといえばあっさり持ち帰るので、タッハンマリだけでOK。
あとはテーブルに備え付けの調味料(醤油・酢・とうがらし・にんにくのみじんぎり)を使ってタデギといわれるジャンを自分好みに作って、鍋が煮えるのを待ちます。
そして沸騰を待ち、食べれる状態になったら鶏をハサミで食べやすい大きさに切ってジャンにつけて食べるのです。b0006423_082554.jpg
超ハフハフなので、セルフサービスの水は命の水です。
こんなん食べたら風邪知らずやわ~~
ってんで、鶏一羽14000₩!二人で一羽でちょうどいいです。
またこれでソウル経験値があがっちゃったわ~♪
外は地元客が行列で順番待ちをしているので食べたらすぐ帰るのがよさそうです。
おなかに余裕があれば最後にうどんでしめて、スープを堪能したかったなー・・・
よし、次のソウルも味の確認にいくかな!
にひ!
b0006423_085873.jpg
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-29 23:55 |

FREE HUGSを知ってるかい?

噂では聞いていたfreeHugs、まさかソウルでみることができるとは。
場所はインサドン。
後ろからプレートもった3人組が歩いているなーと思ってみてたら、
やおら道の真ん中で立ち止まり、フリーハグをはじめました。
b0006423_23244375.jpgこれはもともとオーストラリアの青年が始めた運動で、その後アメリカに広まり、最近では日本にも上陸したそうです。
これは、街頭で見知らぬ人々とただハグ(抱擁)することで、苦しみや悲しみを少しでも和らげ、楽しさや幸せを分け与え、その素晴らしさを他の人々にも伝えて行こうという活動らしい。
日本ではなじみがないけど、確かにハグするとその温かさで安心できたり落ち込んでいるときも励まされ元気づけられるとは思う。
上海でもフリーハグが行なわれたのだが、なんでも許可なしってことで当局につかまっちゃったんだって。(中国らしいですね)



見ていると、やはりそのキャンペーンを知っている人でないと、なかなかハグしに行かない。
男性は男性に、女性は女性にハグしてもらうのだ。
(時折女性はもう一人の女性と交代していた)

うーん。世界平和だねえ・・。

私もよっぽどハグしてみようかと思ったけど、はずかしがりやなのでやめちゃいました。
でも、その志はいいと思う。うん。

世界的なフリーハグですが、
youtubeで世界各国のフリーハグの動画を見ることができます。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-26 23:27 |
※ホットックはKのパッチムが最後につくのでクは発音しないことになっています。
 表記上ホットックと記しますが、読むときはクを我慢するようにのどをしめてください。
 (真っ赤、というときののどのしめつけ具合を思い出して!)
 はい、それが正しい「ホットック」の発音です。

ホットックは、ホットケーキミックスのような生地の中に、松の実やシナモンをいれて焼き上げる(お店によっては揚げる)寒い時期定番のおやつです。
この屋台の出没ポイントは明洞か仁寺洞。
で、おいしいお店があるのが仁寺洞(インサドン)なのです。
ここにはいつも二つのお店があるのですが、今回お昼頃に行ったらどっちのお店もなかった!
ガーン。
仕方ないので新参者のホットックを食べることに。

ここのは押しつぶしながら焼くタイプ。
今風に紙コップに入れられました。
b0006423_23201234.jpgにしても1000₩なんて高い!
ホットックなんてもともと500₩くらいなのに。それなのに
「ヤスイヨ~」
なんていうからさらにムカツク。
ムカつくので「ピッサダ~!!!(高い~!!)」って言っておいた。
ま、もともとホットック好きなのでね。おいしいんだけどね。
で、おっかしーなーなんでいつものお店ないんだろうなーと思いながら
御昼御飯はここインサドンでカルククスを食べることに。
b0006423_23205336.jpgこのお店はアサリ味のあっさりカルククス。
マンドゥも食べちゃった。
で、
食べ終わって外にでたら、なんと
お目当てホットック屋台がお店始めてる!
しかも並んでる~


b0006423_23222264.jpg
b0006423_23225948.jpg















ここは必ず食べねば!
ってんでまた買っちゃいました。
こんどこそ、おいしいホットック!値段も700₩。にひ。
ここのホットックは生地にトウモロコシ粉を使っているのだそうな。
さっきのお店とは違って、揚げてるみたい。
カリカリっとして、なかからシナモンの甘い熱いソースがとろとろ~~って
そりゃうまいのなんのって!!b0006423_23213338.jpg

さっきのなんて、けっ!って感じ。
ってことでインサドンにいったら緑のテントのホットックを食べるべし。
通りをはさんで二軒あるけど、どっちも行列してるからすぐ分かるはず。
とくにタプコル公園側のおじさんの顔が目印のホットックは一番人気!
その行列の多さで一目瞭然。
赤いテントのホットックにはだまされちゃなんねーだ!
健闘を祈る!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-25 23:24 |

伝統通りの仁寺洞を散策

b0006423_1618315.jpg

ソウルに来る度にかなりの確率で立ち寄る街です。
伝統茶を飲むのもいいですが、
食べたいものがあるのです。
寒い時期にしかない屋台、ホットック(クは発音しない)!
もちろん食べまくりまクリスティ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-23 16:18
b0006423_2275261.jpg

夜景をみるために恋人達と観光客が集います。
ということで、ただいまソウルにいます!
思いのほか暖かくて、
完全防備の厚着が負担になってます!
手袋すらいらないのに
完全防備なのです!
今年はいつになく暖かい冬だそうで。
今日は韓国も冬至で、あずき粥を食べるのだそうです。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2007-12-22 22:07