日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

この大不況の昨今、それでも利益を上げている会社がある。
任天堂も一人勝ちの様子だが
ファストリも勢いがある。ヒートテックやブラトップで業績もいいようで
TOBでセオリーも完全子会社化するんだと。
すげーなおい。
ヒートテックジーンズほしかったのに、気づいたら21インチとか23インチしか残ってなかった。
このジーンズは下になにもはかなくてもぽっかぽからしい。でも、もう在庫もないらしい。
つくってよ!そんなサイズ無理だよ!

ってなわけで、昨日の続き。
この間、ケータイをいじってたらケンタのビスケットについて、“メイプルハニーがたまらない♪”というコメントがあって、食べたくなるなるケンタッキー、ってな感じで思わず買いに行きました。チキンとポテトとビスケットのセットを買ったんだけど、アツアツを食べたかったのでポテトは家に着く前に食べちゃいました。塩味がなくて味気なかったけど。
で、家についてうきうきと袋を開けると。
ハニーちゃんがはいっていません。
私のこの買い物の目的はハニーちゃんではなかったでしょうか?
しばし考えた結果、とりあえず電話してみることに。
私のような悲しみを、誰かに味わってほしくないから。
「今買って帰ってあけてみたらハニーちゃんがはいってなかったんですが。
・・・っていうか、ポテトも味がないんですけど。」
「当店のポテトは一切味をつけておりません。メイプルハニーに関してはおつけするのを忘れてしまったということになりますね」
なんだか変ないいまわし。ってか、ポテトになんで味つけないんだよ。
それでも、メイプルハニーをお届けしてくれるという。
しかも、それだけではなんなので、新しくビスケットを持ってきてくれると。
いやー・・・・かえって悪いわね。
30分ほどで届けてくれるっていうから待ってましたら。





来ましたよ。90分後に。
 (♯°Д゚)y-∼~ イライラ
ムキー!!と思って玄関をあけましたら、半田健人みたいなお兄さんが半そでの制服のままで「道に迷っちゃって・・」といいながら申し訳ありません、せっかくなので先ほどお買い上げいただいたセットをもう一度お持ちしましたそしてこれは新発売のデザートです是非お試しください~~
と。b0006423_23564742.jpg
 ∑(゚m゚= )ンマッ!!
あらあらあら・・。
そう~お~?じゃ、せっかくだからいただくわね。
と、お兄さんを帰していそいそと袋をあけましたら、



メイプルハニーちゃん、新しいセットの分の1つしかない・・・。
ビスケット二つに対してハニーちゃんが一つ!
 ∑( ̄□ ̄∥)

だから、私はメイプルハニーちゃんがあればよかっただけなのにーーーーー!

b0006423_23553531.jpg


でもまあ、言わないより言ったほうが、よかったよね。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-30 23:59 | 日記
言わないより言ったほうが得だと思う。
そこでの恥ずかしさなんて一瞬だから
その後得られる満足感のためなら
とりあえず言ってみよう。

と、つくづく思った具体例。
①住んでいるところの契約更新のときに、試しに言ってみた。
「・・・・住んでいると築年数は確実に経過して住み始めたときよりも減価償却のように価値は下がっていくのに、家賃って、下がらないものなんですか?」
「・・・・いいですよ。大家さんに交渉してみましょう。いくらがいいですか?」
ひーーーーーーー!下がったーーーーー!!
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
恐々希望価格を言ってみたら、ほんとにそこまで下がりました。
・・・・が、そんなこという人、たぶんあんまりいないんだと思う。

②北京から帰ってくるときの機内で。
洋食を選んだら、パンケーキでした。
横にリンゴが添えてあったのでリンゴ味で食べるのかな?と思いましたが回りをみたらバターを持っている人が。
CAさんがまわってきたので
「あの・・変なこと聞いてごめんなさい・・?バターとかあったら・・ほしいんですけど・・」
「Σ(・Д・ノ)ノ ・・・・・・・・・・・・・・・・・お待ちくださいッ!!」
といって、申し訳ありません~ついておりませんでした~といってバターとハニーちゃんをくれました。・・・皆さんにはついていたようです。
その後CAさんは「お詫びにワインお持ちしますね♪」といって、たくさんくれました。
臨機応変に対応できるいいCAさんだったので、サンキューレターだしときました。

もうひとつのネタはまた後日。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-29 23:32 | 世間話
お弁当用の箸を冷蔵庫の後ろに落としました・・・・・。
セットのお弁当箱が使えなくなります。
どうしよう?

b0006423_2226471.jpg
チェ・28歳の革命。 CHE THE ARGENTINE.
日本ではチェ・ゲバラとしてTシャツのモチーフとして有名ですね。
キューバのゲリラ指導者です。
チェはアルゼンチンのロサリオ生まれです。
(ちなみにディーバのエマニュエルと一緒です。胸キュンですね。ww)
カストロを支援しキューバ革命を成功させたカリスマ的革命家チェ・ゲバラの人生をまるでドキュメンタリーのように描いています。そのため音楽も少なめです。
主演のベニチオ・デル・トロはそのために25キロ減量し、7年もの歳月をかけてチェについてリサーチしたそうです。
この第一部ではまだこの映画の真価は分かりませんが、ベニチオを通してチェの人柄がよく表現されているのではないかと想像できます。
この映画はフィデル・カストロとの出会い、そしてグランマ号でキューバ入りするところから始まっているので、彼がなぜ革命家へと傾倒していったかを知るには、友人との南米への放浪旅行を描いた『モーターサイクル・ダイアリーズ』がオススメです。
主演のガエル・ガルシア・ベルナルを観ても胸キュンできます。
『ぜんぶ、フィデルのせい』を観てもおもしろいかもね。(チェじゃなくてカストロだけどw)
ところでエルネスト、とかエル・チェと呼ばれる彼が、なぜ日本では主にチェ・ゲバラと呼ばれてるのかしらね?


b0006423_2252836.jpg
そして話題の、レボリューショナリー・ロード。
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットのカップルが10年ぶりに再び!と話題だからさぞかしそういう映画だと思うでしょ?サブタイトルの「燃え尽きるまで」って、そういう意味じゃないんだと思うよ・・。観終わった後、かなりぐったり。
郊外に家を買い子供二人と幸せな家庭を築いているはたからみると理想的な“特別な”夫婦。
「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督らしい仕上がりで、虚構の夫婦を描いている。
とにかくこの二人のやりとりは圧巻。
レオのあまりのテンションにケイトが窒息しそうになった、っていうのもよく分かる。
なによりつらかったのは、映画の中にあるような言い争いが、自分の記憶のなかにあるそれとフラッシュバックしてしまったこと。
そこには憎しみしかなくて相手をとことん追い詰めて言ってはならないことまで言ってしまう極限状態。だいたい、なにもかもぶちまけて正直になる必要ってあるんだろうか?
劇中エイプリルが「いっそなにも話さないっていうのはどう?」という台詞があるのだが、それもひとつの手だ。なんでもかんでも打ち明けるのは、自分が楽になりたいからなのでは?
家族と言えども他人の人間関係なのだから、ある程度の思いやりは必要。
家族だから大丈夫、なんてこと、ないのだ。
その甘えがあると、すべては脆くも崩れ去る。
・・おっと。映画のことじゃなくて自分のことになっちゃった。
エイプリルの精神状態って、映画『めぐりあう時間たち』でジュリアン・ムーアが演じたローラにシンクロするような気がする。なんだかわからないけど憂鬱。漠然とした不安。
ポスターだけみるとあたかもラブストーリーのようですが、
デートには向きません。
夫婦にも向きません。
倦怠期の夫婦にはカンフル剤としていいかもしれません。
自分が精神的に余裕があるならば、どうぞ。
弱ってるときにはやばいです。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-27 23:13 | 映画

おめでとう!千秋楽!!

昨日は千秋楽でした。
・・・っていうと、同僚の反応。
「朝青龍?!」

ちがうっつーねん!

b0006423_23102383.jpg祝:劇団四季「美女と野獣」仙台公演千秋楽、おめでとう!千秋楽ですよ。
秋から始まった仙台公演、以前にも一度観たのですが、千秋楽ってことでお祝いに駆けつけました。
やっぱりよかったです!
ディズニーのアニメの世界そのままでかなり楽しめます。
とくにビーストを演じる佐野さんがお気に入りです。
野蛮なビーストからだんだんとおちゃめになり、やがて人間に近づいていく(っていうかはじめから人間だけど)過程が、感情移入してしまってほろりと来ます。
何度も観て行くうちに、ルミエールやミセスポットがだんだんとモノに近づいていく様子や、かたやベルに恋していくうちに裸からだんだんと洋服を着ていくのとともに心がどんどん変化していくビーストの様子が、確認できます。
昨日は千秋楽というだけあって、Be our Guestのときの観客の手拍子や酒場でのアンサンブルのときの盛り上がりがいつも以上でした。
カーテンコールも何度も何度もやってくれて、終わった瞬間は佐野ビーストがうっすら涙を浮かべているようでした。
佐野さんがかっこよくてステキです。
エビータのときもきっと会ってます!
オペラ座の怪人でも会ってるでしょう!
・・・とくに今回はね。
ビーストが王子の姿に変化して歩き出したときの裸足に萌えました。
あの足がステキ・・・。裸足がステキ・・・。
・・・・変態ですね。

このあと、「美女と野獣」は京都に行くそうです。
・・・・行けなくも・・ないか・・・と考えてしまうバカなヤツ。

千秋楽記念で、ケータイクリーナーもらいました。
b0006423_2373745.jpg
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-26 23:14 | 文化芸能部

今日のランチ

b0006423_1442375.jpg

b0006423_144238.jpg

またまたちゃんこダイニング若。
ランチメニューがかわってました。
女性に大人気!コラーゲンちゃんこ鍋。
もちろん塩ちゃんこ鍋で。コラーゲン3つを溶かしていただきます。
手羽先煮もつくのでコラーゲンたっぷり。
食後のデザートやコーヒーはもちろんのこと、トイレのアメニティもいたれりつくせりで、さすが若!
分かってる!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-25 14:42 |

忘れた頃に北京ネタ

お酒を飲むと記憶が失われます。
記憶とともにお金も失われたようです。かなりショック。


b0006423_23493069.jpg最近北京でおしゃれなところ、といえば南鑼鼓巷(Nanluoguxiang)。
胡同の昔ながらの佇まいがそのまま残っている素敵な街並みでありながら
外国人やデザイナー達が立ち上げたカフェやショップが並ぶストリートです。
数年前のガイドブックには全く載っていなかったのに今本屋に並ぶガイドブックには必ずといっていいほど特集が組まれているほど。
なかでも創可貼T-恤(Plastered T-Shirts)というお店は有名で、外国人デザイナーが北京をモチーフにココでしかないTシャツを販売しています。お店もおしゃれで買ったTシャツをいれてくれる袋もおしゃれでとてもいいのですが、そのとき店番をしていたのが胡同に暮らす親子みたいなおばさんと子供だったのがちょっと気になります。
カフェでお茶しました。
b0006423_2350247.jpg各ガイドブックに「ここの杏仁豆腐は絶品!」とあったのでそのお店、カフェ・イルソーレを探したのですが、同じ住所にあったお店はalba。
ま、いっか。おいしかったですよ。杏仁豆腐。
このストリートで買い物する場合も公共トイレを利用することになってしまうのですが、ここのトイレも意外と安心です。オススメです。

トイレといえば
今回は果敢にも何度か公共トイレにお世話になりました。
中国にくると毎回トイレが心配なのですが、この旅のトイレについてまだ報告していませんでしたね。
まずは初めて入った公共トイレ。前門の都一処に入る前に行きました。
個室は4つくらいあるのに、1つの個室にしか並んでいません。
とりあえずそこに並んでいたら、後ろからきたおばさんが
「なんでほかのとこに入らへんねん!」と。(イメージで関西弁でお送りしています)
「ほんならおばはんがほかんとこ入ったらええねん!」と私が言いますと
「ほなそうしよか!」とおばさんが勇んで別の個室をあけたところ、
肩をすくめ臭い顔をして戻ってきました。・・・・・そういうトイレだったようです。
唯一並んでいたトイレも決してキレイではなかったのですが、ギリギリのラインでした。
さて、次に行ったトイレが、前門から大柵欄街を通って琉璃廠に向かう途中の胡同にあった公共トイレです。これはかなり危険です。その地域に住む人たちが実際に使っている、本当の公共トイレ。切羽詰っていた我々一行は最初に目についたトイレにアタック。
中を覗いてみると、すでに数人ががんばっているようす。目にしみそうです。あえなくノックアウト。ここは無理です。
数メートル先に別のトイレを発見。
こちらには誰もいなかったので、ここに決めました。
いいんです。扉がなくても。
いいんです。腰丈くらいの仕切りがあるだけでも。
Never mind.

郷に入れば郷に従え.
虎穴に入らずんば虎子を得ず.

何事も冒険ですね。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-24 23:56 |

THANK YOU FOR THE MUSIC!

映画見まくってます。
心の隙間を埋めるように。

b0006423_23433517.jpg
最近続けて音楽映画をみました。
ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト。
とにかくかっこいい!
NYのビーコンシアターでのチャリティーライブの様子を、彼らの大ファンであるマーティンスコセッシが映画として撮っています。
大ファンであるがゆえのやきもき具合が伝わってきてほほえましい仕上がり。
なんてたって、彼らは65歳であのパワーなのよ。
いつまでも転がり続けて、オシリが小さくて足が細くて長くてTシャツ着てもシャツ着てもかっこよくてチラリズムの腹見せもステキで、マイクの持ち方もかわいい。
顔の皺まで彼らの人生を物語っているようでセクシーですらある。
もうこれはね、是非映画館の大音響で感じてほしい!
思わずリズムをとりたくなるくらいノリノリになれます。
途中後ろのほうで拍手が聞こえたんだけど、劇中の観客なのかあたいの後ろのおっちゃんが実際に拍手したのかわからないくらいの臨場感。
誰がスタンディングオベーションしたっておかしくない。
ワタクシがとくに良かったのはクリスティーナ・アギレラがLive with meをミックと一緒に歌ったところ。好きですアギレラ!アギレラは伸びのあるハリのある声で高音をシャウトさせて歌い上げていてとてもよかった!かわいいです!
ミックも「・・いいね♪」ってコメントしてたしね。
あと、キースのソロ(ミックの休憩タイムともいうw)のYou Got the Silver がいい。
しゃがれ声なのに、聞きづらいこともなくあれで何気なく歌っているのが不思議。
彼らはほんとにすごいロックミュージシャンなのであった!
Shine a Light !(ライトを照らせ )

b0006423_23542950.jpg
もうひとつ、ABBAの名曲で綴られたミュージカルが映画になりました。
MAMMA MIA!!
おかーちゃーん!ですね。なんてこったい。
劇団四季でもミュージカルをやってますが、映画だと風景も楽しめてなおよし。
舞台はエーゲ海に浮かぶギリシャの小島。
20歳の花嫁ソフィが自分の父親を探すために、母親の昔の恋人3人に結婚式の招待状をだします。
もう、のっけからね、鳥肌ぞわわわ~って出る感じ。
いいよね~。ほんと。
音楽は人を幸せにするね。
音楽とダンスのない人生っていったいなんなの?って歌詞があるけど、ほんと、なんなの?w
音楽を聴いているだけで自然と顔が笑顔になっちゃうよ。
このベタなミュージカルのつくりも幸せいっぱいでいいね。
ダンシング・クイーンの曲に合わせて全員で踊るアンサンブルのようなシーンはわくわくする。
ママの親友達も、ソフィの親友達も、親友の悲しみも喜びも自分のことのように思ってくれるそんな関係がうらやましい。
ママ達みたいに歌って踊れる仲間もうらやましいwww。
彼らをみてると、ほんと、元気になれそうです。すべての人の心を至福で満たすでしょう。
アガります。やる気がでます。ハッピーになれます。おすすめです。★★★★


この映画のコピー。
どんなことがあっても、笑っていよう。
自分の人生がもっと好きになる。







なんていってるけど、・・・・もっともなにも、まだ好きになれてない。
未熟者。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-22 23:30 | 映画
天壇公園を駆け抜けて、お昼ご飯はお姉さんたちと前門で待ち合わせ。
タクシーは前門付近まで入れない、ってことで、随分手前で降ろされ、前門大街を全力疾走で走るはめに。
b0006423_22564612.jpg


これがまた遠い遠い!喉から血が出る思いで走りました。
この写真の奥まで走ったんだよ!

b0006423_2345038.jpg




ようやくお店「都一処」についたものの長蛇の列。ローカルにも大人気のお店です。
ある年の大晦日、お忍びで付近を通った乾隆帝が、多くの店が休業するなか唯一営業していたこのお店の料理のおいしさに感激し「都で一軒だけ」という意味の「都一処」と命名したという老舗のしゅうまいのお店です。この看板は乾隆帝が書いたと言われています。


このシュウマイの包み方の芸術的なこと。
豚肉のシュウマイが人気のようですが、私は海鮮のシュウマイがおいしかったです。
・・・・が、じゃんけんでまけたので最後の一個は豚肉になりましたけど。
b0006423_234316.jpg

ビール飲んじゃいました。
なぜかジョッキでした。



そしてこの日の夜は、待ってました!北京ダック!
今回のお店は「鴨王」!
このお店も閉まるのが早いのでまたまた喉から血を出しながら行きました。
アヤコねえちゃん、歩くの早いんだよー!
以前食べた全聚徳のダックちゃんは、皮だけでなく骨についた肉の部分まで渡されたのでそりゃもう食べるのに必死だったのですが、ここのはお上品に捌かれました。
ローカルの人はテーブルにだされなかった残りの部分を持ち帰ったりもしてましたので、家で食べるのかな?スープにでもするのかな?
b0006423_23103694.jpg
b0006423_2311823.jpg






おいしい料理とビールと紹興酒!
北京ではこんな感じでうまいもの三昧だったのでした。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-19 23:19 |
b0006423_1843328.jpg
天安門広場で写真撮影大会をひとしきりした後に、(ここは二回目だしねw)
天壇公園に行きました。
ワタクシ、初天壇です。
近くの紅橋市場にきたことはあるものの、天壇はいつも横目にみるだけ。
意外と見所ありました。
公園に入ると、なんでもない広場で社交ダンスをするチームあり、蹴鞠のように羽根つきのなにかを蹴りあってるチームあり、ナントカ門のところで急に歌いだすおばさん二人組あり。(門が反響していい声が確認できる様子)
公園が市民の憩いの場であることがすぐさま分かりました。
ここでもこの先何キロ歩くのかと考えただけで萎えそうになりましたが、スタートしたばかりなので自分をだましながら歩きます。
ほんとに中国ってヤツぁ、なんでもデカすぎる!
土地があるのは分かったからもっとコンパクトにまとめてほしいな・・・。

b0006423_18472074.jpg






ってことで、
北門から入場してすぐ現れる祈念殿です。
これはクギが一本も使われていない木造の建造物で、中は宇宙を感じることができ、祈りが天に届きそうです。
b0006423_18495797.jpg




このほかにも回音壁(壁の端で離すと遠く離れた端のほうでもちゃんと聞こえる:・・・でも現在は柵があって試すことができないの。これってきっと落書き対策・・・。がっかり。)のある皇穹宇(天皇の祖先の位牌が置かれている)や圜丘(まさに皇帝が最上段に立って天に祈りを捧げた丘!)など、見所目白押し。
なんといっても一番気に入ったのは英名。
Temple of Heaven。
ああ、ほんとに天に届きそうです!
人類の創造的天才の傑作を表現するものだわ!(世界遺産登録基準より)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-18 19:06 |
二日目のお食事はー
中国通のお姉さん達とご一緒ですぅ。
b0006423_23264453.jpgお姉さん達が選んでくれたのは「到家嘗」。
近年流行っている家常菜(家庭料理ですね)のお店です。
美しいので個室にしてもらいました。(とのことです)
一人5元のオーバーチャージで。
美しいって罪です。
ここでも写真大会をくりひろげたのですが、お店の小姐に写真を頼んだら「私は写真だめです!太ってるから!」と。
いや、いいんですねん。ただシャッターおしてくれはったら。
昨日のタクシーの運転手といい、観光やイベントに参加しがちですね。
その距離感は嫌いじゃないですけど。
b0006423_2329243.jpg
これは豚の角煮を頼もうとしたらこっちがあっさりしてますよとお薦めされたもの。
肉の部分があまり発見できませんでした。
麻婆豆腐は辛いですよ~と言われました。ほんとに辛かったです。ビールと紹興酒がススミます。b0006423_233037.jpg
茄子の炒めたのもおいしかったです。
このお店は21時半閉店なんですが、21時ころになったらフロア中に従業員がでてきて賄い飯食べてました。食べてたと思ったらおいら達より早く帰り支度をはじめ、とうとう服務員といっしょに店を退店する俺達。服務員、食ったら帰るんかい。・・・ごめんな。遅くまで拘束して。
そうそうに追い出された感だったので、河岸を変えて、スイーツを食べに行きました。
(私にとって河岸を帰るっていうのはスイーツじゃないんですけど)
向かったのは三里屯近くの鹿港小鎮(Bellagio)。
朝の5時までやっているドリンク・フード・スイーツの充実した若者に人気のお店。
服務員も全員ショートカットで黒服の、女の子。
b0006423_23371480.jpg
ピーナッツ風味のカキ氷。・・・サブタイトル Fall in Love(意味不明)
b0006423_23375494.jpg
ココナツアイス&マンゴーシャーベット:薬味ゼリーと杏仁ゼリーのフルーツ添え




こうして二日目もあっというまに過ぎ去っていったのであった。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-01-17 23:48 |