日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー

<   2009年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いまさらですが東方神起

最近メディアへの露出が激しいせいで
東方神起が気になってます。
だんだんかわいく見えてきました。いまさらですが。
とくに気になるのはジェジュンです。彼をみていると、韓国女性コメディアンのヘギョンさんを思い出します。(まったくほめてないですね)(・・・・・顔が似てる・・・?かな?声かも。)
キムジェジュンなのに、ヒーローという名前がついてることとか(ヒーロージェジュンというらしい)
韓国でも日本でもメンバーと共同生活をおくっていることとか
なれない日本語を話すせいか言葉遣いが丁寧なこととか
9人姉弟末っ子長男というポジションもかなり気になります。
オンニのチングに追っかけのプロがいるらしい。
ちょっとうらやましい。
蛇の道は蛇だ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-31 22:36 | 気になるもの
念願の、イル・ギオットーネ。予約がんばりましたよ。
おかげさまで、無事予約がとれて待つこと一ヶ月。
このお店は一ヶ月前からしか予約をうけつけておらず、かつ、予約がとりにくいことで有名です。
11時スタートで電話をかけるも話し中が20分。がんばりました。
で、場所がまたすばらしい。
b0006423_184260.jpg東山の八坂の塔の下。夜はライトアップされて趣があります。塔の前には人力車の御兄さんがいて、レストランに向かおうと通り過ぎると、「そっちは行き止まりですよ」と。
「・・・・・そうなの?イルギオットーネに行きたいんだけど。」
「・・・・・それならあってます」・・・・なんだい。いいんじゃんか。
さて、予約がとりにくいというだけで敷居が高く感じられ、なんだか緊張してしまいます。
時間より少しはやめに入店し、席に案内されたもののちょっとほっておかれたり。
・・・・緊張しますね。なぜ、声をかけてくれないのだ、と。
ようやくメニューをもらえ(下から目線)いろいろ選ぶ楽しいひととき。
アラカルトもあったのですが、そのお店を知るにはコースがいいのかなと思い、ワインを楽しむことを考えて一番安いコースを。といっても7800円。周りの人で同じコースの人はいなかったので、みんな10000円のコースなのかしらね。
京都ネーゼもそうでしたが、ワイングラスにRIEDEL(リーデル)を使っていると安心します。
「ワインのおいしさを一番知っているグラス」といわれるこのグラスは、オーストリアのクラウス・ヨーゼフ・リーデルが開発しました。彼はワインの香りや味わいが、グラスの大きさや形状に左右されることをはじめて明かした人物で、液体の流れが舌の正しい「味覚ゾーン」に導かれるようにデザインされたものもあります。
だから、このグラスを採用してるってことは、ワインも楽しみだってこと。
白と赤と楽しみたかったので、白は安めなもの、赤は大奮発してハーフで5000円台のものをチョイス。白もハーフで頼んだものの、足りなくなってw途中でフルボトルにしてもらいました。
アンティパストが3品、プリモでホタルイカのトマトソースパスタと春野菜のリゾット。
リゾットは大きなパルメザンチーズの穴の中で仕上げに混ぜ合わせ、テーブルの前で盛り付けされます。
このチーズは2週間ほどで変形してしまうため、そうなったらすりおろして普通のパルメザンチーズとして使用するのだそうです。
b0006423_052316.jpgセコンドでポークソテーでした。ここでようやく写真を。
いままで遠慮していたのですが、スタッフに聞いたらフラッシュをたかなければいいですよ、とお許しがでたので。
b0006423_0531340.jpgドルチェと飲み物は数種類から選べます。せっかくだから本日のオススメメニューにしたら、ズコットでした。
・・・・ちょっとがっかり。

さて、全体的な評価ですが。
“予約がとりにくい”というだけで過剰な期待をしてしまっていたように思います。
確かに、おいしい。
アンティパストなんて、うわ!と思った。
ただねー。
スタッフがいまいち。
やたら若い子ばかりで、アルバイトっぽいんだよね。
料理の値段もそれなりだから、その気持ちで挑むと、肩すかしな感じ。
お客様の質もさまざまで、着飾っている人もいればジーンズにパーカー、なんて人も。(それはどうかと思う)
やっぱりある一定のドレスコードって必要だよね。っつーか、客が自分で察して来い!
スタッフを見ても髪型とか姿勢とかがカジュアルで、いったいどっちやねん!って感じなんだけど。
いけずな女性スタッフとか(笑顔がない)無駄に前髪が長い若者とか(清潔感がない)あれで店のレベルが2割くらい落ちるね。
評価できるホスピタリティはトイレによーじやのあぶらとり紙が備え付けてあったことと、最後玄関の外までお見送りしてくれたことくらいかな。
それ以外はあのサービスで、料金にサービス料10%ついていたのは納得できない。
いっそチップ制にしてくれ。
そしたら担当のよくしてくれたコにはチップよろこんで払うから。

ってことで、
もう一度、リベンジで行きたい。
(さて、どっちのリベンジだ?!)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-28 23:36 | グルメ
先週、急に高熱をだして流行おくれのインフルエンザなんてごめんだぜ!と思っていましたが、
いま、流行ってます。
会社でも風邪やらインフルエンザやら、また流行ってます。
私、流行の最先端だったんですね。

ようやく体調も万全になり、ビールが飲めるようになりました。
新製品はうまいです。
b0006423_2332175.jpg
白エビスことシルクエビス。
    や わ ら かーい。
なんていうか、やわらかいのよ。
エビスは今度限定醸造のものをだすのでそれがとても楽しみです。
それは6月3日に発売される「ヱビス超長期熟成2009」。
熟成に通常の「ヱビスビール」の約2倍の時間をかけ、コクのあるまろやかな味わいだそう。
アルコール度数は通常の「ヱビスビール」より高めの6%。色は茶褐色。
わー!もうたまりませんわ!
b0006423_2334884.jpg
先日新しくなったキリン一番搾りもお忘れなく。
なんと、麦芽100%になったのよ。すてき!
でも、スーパーに買いにいったら陳列棚には以前の一番搾りしかなかったので、
お店の兄さんをなんとかつかまえまして、
「ちょっと兄さん、新しいビールは出してないの?麦芽100%のがでてないわよ。」
といって、無理矢理ケースを開けさせてバラにさせた挙句、2本だけ購入してまいりました。
冷えてなかったけど。今回は許してやる。
でねー。これはねー。きりりとした麦芽100%だね。かなりいいよ!
5月下旬にはとうとうアサヒビールからも麦芽100%ビール、「ザ・マスター」が発売されます!
ドイツで醸造学を学んだマスター資格のある社員が開発したんだと。
ワタクシ、ビールはもっぱらコク派で、アンチアサヒだったので、これはちょっと要注目です。
びば!麦芽100%ビール!
さようなら!コーンスターチそして米!!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-26 23:25 | 気になるもの
京都に行ったらおいしいものを食べたいの。
今回はいま話題の京都ネーゼ。
京都人にとってもいま行きたいお店で、必ず名前があがります。
なかなか予約がとりにくいと思ったら、それもそのはず木屋町三条のビル3階の店内はこじんまりとして思ったより狭く、それがまたとてもアットホームな雰囲気。
窓際にテーブル2つ、中央に1つ、あとはカウンターに5.6人というところでしょうか。
ここのシェフは以前はサンタ・マリア・ノヴェッラ・ティサネリーア(フィレンツェの世界最古の薬局で、この京都店が唯一のカフェ)で料理長をしていた方。
パティシエールみゆきちゃんのいた学園の先生もなさっていたとか。
というすばらしい経歴の持ち主なのに、飾ることないお店の雰囲気はさすが。
子供もOKで、ちゃんと子供用の食器を用意してくれます。
b0006423_1642825.jpgお店のお姉さんもとってもやさしいし、ときおりシェフがフロアにきておしゃべりするし、ホスピタリティはいうことなし。アペリティフで生ハム(プロシュートだよねたぶん)をオーダーすると、一人二枚、自分で生ハムをカットします。イベントっぽいwww。

この日はコースではなくアラカルトでお願いしたんだけど、メニューも豊富でわくわくでした。
アンティパストから始まってプリモでパスタ、セコンドで白金豚のソテーを、ドルチェにはチョコレートフォンデュを。b0006423_161448100.jpgカルボナーラは季節によってはキンカンがはいっているようですが今回はなし。それでも細かい雪のようなやわらかなパルメザンチーズは思わず笑みがこぼれます。もうひとつのパスタ、トマトソースのキタッラ(平麺の手打ちパスタ)もb0006423_16152882.jpg旨っ。








また行って、ほかのメニューもいろいろ試してみたい感じです。
京都のイタリアンはお高くとまっているお高いイメージがありましたが、ここはそれを払拭してくれて思わず拍子抜けしてしまうほど。
予約じゃなくて思い立ったときに気軽に行きたいなー。
遅い時間でたまたま空いてたら、いいのかもね。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-22 16:20 | グルメ

お彼岸です


b0006423_091816.jpg
最近これを持ち歩くようにしました。
使う日はくるでしょうか?w
情報は毎日入ってきます。
がんばり次第です。
あと一週間ちょっとですのでなんとなくがんばりましょう。


さて、彼岸なので墓参りにおやつをもっていくことにしました。
あたいにしては珍しく、手作りのおやつ。タルトタタン。手抜き風。
そこにりんごがあったから。(おはぎの材料はなかった)
超手抜きスピードCookingのため、フライパンとパイシートで手抜きです。
まずはフライパンにバターをぬってグラニュー糖を敷き詰め、8等分に切ったりんごを並べます。
b0006423_018567.jpgふたをしてりんごの水分が充分にでてきたらふたをとって煮詰めます。
水気がなくなったらりんごを皿に移し、一度きれいにしたフライパンでパイシートを焼き、パイシートをひっくりかえして膨らんできたら、りんごをもどしてさらにちょっと焼いてできあがり。
b0006423_0184597.jpgあまりの手抜きにテレビをみていたらちょっと焦げました。えーん。
で、紅茶をいれて、出来たてを食べると。
うまいな。



めでたくお墓参りに持って行きましたとさ。
そのせいで、お墓参りは15時のおやつの時間になりましたとさ。
待たせてごめん。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-21 23:57 | 日記

体調悪し。

昨日の午後から、何だか息切れがする…………ってゆーかなんか落ち着かない!と思っていたら寒気がし、やっとの思いで家に着いたが最後、もう節々やら背中やらぞくぞくし、
熱をはかったら37.8℃。
こんなに急激な熱の上昇はもしやインフルちゃんか?インフルエンザなのか?
でもこんな流行遅れのインフルエンザなんて絶対イヤ!と葛根湯とポカリスエットとビタミンC
そして気力で熱を下げました。
夜中に着替えること、二回。
朝方には37.3℃だったのでとりあえず出社。
熱だけあがったので、風邪とは違うような。
流行遅れがとにかくイヤだったプライド勝ち。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-18 22:30 | 日記

京都でおやつ三昧

ひとり食い倒れてます。

京都のおやつといえば抹茶系でパフェとか甘味処系が有名ですが
ケーキのような洋菓子も激戦区です。
今回行ったのは、岡崎にあるタルトタタンのお店。
パティシエールのみゆきちゃんのオススメのお店です。
ラ・ヴァチュール(La Voiture)
平安神宮のところの武道センターの向かいにあります。
店名のVoitureはフランス語で「車」という意味ですが、「ゆりかご」という意味合いで使っているそうな。店名にあう、とても居心地のいいお店です。
b0006423_1853497.jpg
フランスへ行ったときのタルトタタンの味が忘れられず、それを再現したというおばあちゃんが作るタルトタタン。温めたケーキのうえにヨーグルトソースをかけるのはここのオリジナル。日本のりんごは酸味が足りないのでヨーグルトで補っているんだとか。そしてこのタルトタタンはフランスでも絶賛された味とのこと。
りんごの煮かたが絶妙です。りんごは決して煮崩れることなく、それでいてまるでいちじくを煮たようなしっかりとした甘味。あっというまにぺろりでもったいない。以前はご夫婦でいっしょに作っていたそうで、おばあちゃんの指示のもとおじいちゃんがりんごの皮をむいていたという話も。いまはお孫さんもいっしょにやっているそうです。
b0006423_1861197.jpg
タルトタタンで有名なお店ですがくるみのタルトも絶品。テイクアウトしました。
お持ち帰りの箱もカワイイ。

いづうの鯖姿寿司b0006423_1818242.jpg

b0006423_18334830.jpgおやつなので一人前にしました。
切り通しのお店に買いにいったんですが、敷居が高いとはこのことです。
お店ののれんはちゃんとかかっているものの、人の気配なし。
引き戸を開けてこわい光景がひろがっていたらどうしよう。
これが京都一見さんお断りってことなの?とビビリながら入店し注文しましたら店員さんが値段を間違えるわおつりを間違えるわで、あっさり拍子抜け。
初めにビビッていたから許したものの、2205円を2520円と請求されたり
5000円だしたのに「おつり・・・・7千・・・・」といわれたり(残念ながら自己申告しました)
スタッフの質に厳しい私がそのときパワー100%だったら舌打ちのひとつもしたかもね。(ふだんなら京都の人は県外の人に厳しいからね)
昆布に包まれている寿司とはいえ、常温で二日もつって、ちょっと心配ね。
河原町の高島屋の地下でも売っていますが、あたたかい店内で普通に置かれてるのも、心配ね。
b0006423_18254512.jpg
ラベルは木版画で京都の四季を刷り込んだものを季節に分けて使っているんだって。
これは都をどりでしょうか?

錦市場の豆乳ドーナツ。
大人気で行列のお店。
揚げたてのドーナツが10個250円。
歩きながら食べるのがよろしいでしょう。
b0006423_1833727.jpg
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-15 18:36 |

小さな幸せ

b0006423_17365949.jpg

蓬莱551で、ギョーザと豚まんと、ビール。
明るいうちから幸せ感じてます。

注1:おひとりさまです。注2:おやつです。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-14 17:36 |

大阪のおやつ

b0006423_1642954.jpg

阪神百貨店フードパークのいか焼き。
このチープさが旨い。
行列の回転も早い。
ただ一つ、食べる場所を作ってくれ!
お店の小脇にスタンドでいいから!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-14 16:42 |

大阪に移動

b0006423_14333250.jpg

阪急三番街でお昼。
インデアンカレーにしようか悩んだあげく、本みやけの牛鍋にしました。
生玉子にするか卵とじにするか選べるんだけど、得意の優柔不断でうなりながら生玉子に。
……卵とじにすればよかった。(優柔不断)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2009-03-14 14:33 |