日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お逝きなさいちょびひげ

耐えに耐えた3年、
ここ数ヶ月は耐え切れなかったこの3年、
耐え切れずに思わずキレてしまい、喧々囂々大紛争の毎日を送ったこの夏、
とうとうワタシの願いが聞き入れられちょびひげが居なくなることになりました。
例えるなら

ねえ、あなた、お義母さんといっしょに暮らすの、もう限界だわ。
あなた、お義母さんとワタシ、どっちがあなたのためになると思うの?
お義母さんを選ぶというならワタシはこの家を出ていくわよ。それでいいのね?
決めるのはあなただけど、どっちが良いかよく考えてみて。
って、ことね。



で、彼はワタシを選んだのよね。


で、それなのに彼も単身赴任の片道切符でワタシの前から居なくなるのよね。

・・・ま、彼もDVだったしね。

っていうことなのよ。
ね、わかりやすいでしょ?
お義母さんは、出て行かされるんじゃなくて自分の意思で行くんだって近所の方にお話してるみたいなんだけど、ちゃんちゃらおかしいわね!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-28 13:07 | 日記
b0006423_1682452.jpg

天才の軌跡ですよ。
なんだか真面目な人ですよ。
ファーストネームで語り継がれるだけある充分な才能が感じられますよ。
甥のレオナルドや教皇クレメンス7世との書簡をとっても、
住所の一部にカラスのイラスト描いたり、
私に仕事をさせたいなら作業中上から指図するような人は排除してほしいとか、
彼の人間的な側面が垣間見える展示でしたよ。
ミケランジェロといえばシスティーナ礼拝堂の天井画と最後の審判だけど、それを制作するまでの四年間、習作に習作を重ねて長い年月をかけて取り組んでいたのがよくわかる展示でしたよ。
また、手紙や詩、知人から頼まれた墓碑銘からもわかるように、非常に思慮深い、天才だったんだと感銘を受けましたよ。
ミケランジェロの軌跡を辿って、もう一度フィレンツェに行きたくなるZ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-22 16:08 | 文化芸能部
b0006423_1544069.jpg
九月の歌舞伎が発表になってからずっと行きたかった、念願の、九月花形歌舞伎、観にいってまいりました。
会費がかからない松竹友の会での発売は8月12日、まさにワタクシに会社で半沢直樹が乗り移っていたその日でございました。
以前からチケット発売日だからどうにか時間くれと同僚に頼んでいたにもかかわらず、半沢直樹劇場が繰り広げられてしまった為同僚はそんなこととっくのとうに忘れ、ワタクシがチケットを手に入れることは叶いませんでした。
b0006423_1544016.jpg新時代の歌舞伎を担う若手花形俳優達の共演、さらに新作の陰陽師とくれば、チケットは即日完売、その後も悶々としておりましたら、突如ツキがまわってきて、チケットを手に入れることができたのです!チケットを手に入れてからその日まで3日もありませんでしたが、桟敷席をこんな目線で見られるこの良席、まるで奇跡ではありませんか!
b0006423_1544051.jpg
勇んで持参したオペラグラス、焦点を合わせるのが難しいくらいの近距離でございます。
さすがに周りを見渡せば着物を着たご婦人・ワンピースを着たお嬢様、品のいい方ばかりが目に付きますが、そのなかに限定醸造LIONの500ml の缶ビールを手にしたお姐さんもいてその客層に驚かされました。
b0006423_15440100.jpg
そして肝心の歌舞伎はというと!
よかった!!すごく良かった!!
魑魅魍魎が跋扈する平安の都で謎の怪事件が起こり、陰陽師の安倍清明とその親友源博雅がその陰謀を暴く、というね。
飄々とした染五郎の清明がこれまた美青年でトリッキーで滑稽で、勘九郎演じるその友博雅の生真面目ぶりがこれまたいい。清明の式神・白狐の使い方もいい。キャスティングがすばらしいのよね。海老蔵は見得の見せ所が多くある平将門もあっていたし。
そしてワタクシが一番注目していたのはラブリンこと愛之助様~。
半沢直樹でもオネエの黒崎を演じ第一部大阪編のみならず第二部東京編にまで出演してしまう人気ぶり。悪役だったけど、愛之助の活躍はつい気になるわ~。
菊之助は素でみると気持ち悪いけどw、女方は本当に美しい。滝夜叉姫、ぴったりだった。
同じ女方の七之助はお婆さんみたいなのにねw
b0006423_1544021.jpg普通の歌舞伎より親しみやすくて分かりやすくて歌舞伎特有の演出もあり声をだして笑うところもあり、最高によかった。
途中何度か大向うが何故か1階席の上手のほうから聞こえ、
「高麗屋!」をまるでネコの鳴き声のように甲高く「コウライニャッ!!」って言うのが大変気になりました・・・・。
1階でも・・・・・言っていいんでしたっけ?

おまけ
劇場で見かけた有名人
富士純子←当然後援会や御贔屓へのご挨拶要員
服部真湖←観客
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-18 23:04 | 文化芸能部

銀座のパリでランチ!

b0006423_1452438.jpg
前から気になっていたお店、パリのワイン食堂に行ってきました!
歌舞伎座に用事があるときにとっても便利!
歌舞伎座の裏にパリがあるんだぜ!!
b0006423_14524328.jpg
で、なにがいいってね、
ランチもディナーもプリフィクスなんですわ!(あ、夜はアラカルトもあるよ!)ワタシ、プリフィクススタイルってわくわくするんですの!
ランチは前菜+メイン+コーヒーまたはメイン+デザート+コーヒーで1000円!(土日は1500円)
私が選んだのは、前菜に豚のテリーヌ、(ほかにキッシュとスープがありましたが、飲みたかったので!)
メインはカジキマグロのタルタル(ほかはローストビーフ・マッシュポテト添えでしたが、魚気分だったので!)、ランチアルコールは+300円だったのですが、ビールと悩んだ挙句、ワイン食堂ってことでワインをチョイス。ランチで出されるワインのわりに、しっかりとした赤でした。テーブルの上に置かれてる私の好きなディジョンマスタードもたまらない!
ちなみにこの日はちょっと遅めにいったので、デザートはサービス、美味しいパンナコッタでした。
b0006423_14524374.jpg

ワインは一律3800円っていってたけど、ボードを見るとそれ以外もあるみたいね。
スタッフの半分は外国人でとてもフレンドリーで丁寧でしたが、その分日本人スタッフの愛想のなさと片づけが早すぎるのが気になるお店でした。ランチとはいえ、食べたものから次々と片付けるのはやめてー!もう14時過ぎててお客様待ってるわけでもなかったのにー!
でもこの大衆食堂的な価格とボリュームは、また来たくなる感じね。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-16 14:52 |
b0006423_13222996.jpg世界初公開!シベリアの永久凍土から現れた少女マンモス、YUKAです。
この展示のことは知っておりましたが今回駆け込みで参戦したのは、ある有識者からの助言でした。
「YUKA割ってあるんだよ?」
下の名前に「ゆ」「か」の両方の文字がある方は1000円!性別問わないので、「ゆかり」「ゆか」「ゆうか」「ゆたか」「かずゆき」様などは、通常2200円のところ皆様1000円。
行かないでどーする。
・・・・・といっても、その日私は歌舞伎の一幕見席を狙っていたのですが、大人気公演により、販売開始1時間前に並んですでに立見席のみ。・・・・つらい・・・つらすぎる・・・・そこで急に思い立ってユカちゃんに会いに行くことにしたのです。

b0006423_130483.jpg
マンモスというのは象の祖先が進化した生き物で大きさはアフリカ象とほぼ同じ、寿命はヒトと同じくらいだったそう。そこで、象と祖先をたどる旅から展示がはじまっております。
マンモスの歯や毛を触れる展示やマンモスハウス、ヒトとマンモスの出会いを知り、いよいよYUKAの核心へ。
b0006423_130466.jpg
このYUKAは、マンモスの牙を探して生計を立てているマンモスハンターと呼ばれる人々によって発見されました。ロシアの国土の半分以上は永久凍土ですが、ここもとの地球温暖化の影響により近年凍土が溶け出すことによりYUKAのほかにもマンモスが発見されているようです。
b0006423_130423.jpgジャジャーーン。
これがYUKAです。
草原に立たされた感じでポストカードになってます。
私の知ってるマンモスはギャートルズのマンモスですが、ずいぶんと象に近い感じです。

b0006423_130413.jpg展示は-15℃の冷凍ケースで行なわれていますが、写真撮影禁止です。
スタッフの「ユカちゃんの写真撮影はご遠慮くださーい!!」
「ユカちゃんは並ばずにご案内しております!手前からもご覧になれますので並ばずにお進みくださーい」


b0006423_1343026.jpgとユカちゃんコールにいたたまれないことこのうえない。
さらに「YUKAの尻」とか「ユカの脳を取り出す」とか、ひーーーーーーー!!ということの連続でした。
でもこの展示は見てよかった!
まるで自分のことのように見た!
記念にYUKAって名前が刻印された骨の形のキーホルダー買った!(こういうのを買うの、私にはとても珍しいこと)



b0006423_1346544.jpg公式サポーターは
MAN WITH A MISSIONの皆様です。
この人選、すばらしい。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-15 13:00 | 文化芸能部

みなとみらいにいます

b0006423_1391260.jpg

[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-14 13:09 |
b0006423_12344589.jpg

地中海に特化したルーヴル美術館展です。
ハドリアヌスとか、アウグストゥスが出てきて、( ̄□ ̄;)!!ハッこれはテルマエロマエのあの人じゃないの!( ̄□ ̄;)!!……って、感慨もひとしおです。
また、直前にギリシャ神話を読んでいたので、パリス!あんたって子は!!( ̄□ ̄;)!!……って、視点で見るとさらに感慨もひとしおです。
本場ルーヴルではおおよそ人気のなさそうなエリアの作品なのに異常に混んでてゲンナリします。
これがパリだったら彫刻といっしょに写真とりまくれるのに…。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-13 12:34 |

朝食は朝カフェで。

b0006423_8182469.jpg

西新宿に来ています。
世界のバリスタ、ポール・バセットプロデュースのカフェですが、
ふむふむ……ふーん……なるほどね。

天井から光が差し込むエリアや、奥まったゆったりソファの席、そしてスタッフがフレンドリーでなかなかの居心地です。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-13 08:18 |
b0006423_23372715.jpg

家に帰ったらこんな感じで待っててくれて、
あまりの可愛さにさっそく押し倒して、
撫でくりまわしてさすって、そしてさらに撫でくりまわして、
さながらワタクシは変態のようです。

壇蜜が家で待っててくれたら……って妄想する殿方と大差ないな。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-09 23:37 | はまりもの
b0006423_1836784.jpg

今日amazonさんからうちに来たコです。
日々のはりつめた生活に疲れ、
癒しを求めたワタクシが選んだコです。
お店に見に行ったら思ってた肌触りと違ったのでずいぶん長いこと悩んでいましたが
昨日昼休みにとうとうポチっとしてしまいました…が、
買ってよかった!
今日からこのコと生きていきます。( ;∀;)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2013-09-07 18:36 | はまりもの