日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

b0006423_1473818.jpg
いつまで京都ネタでひっぱるんだシリーズ。
毎度おなじみ、大丸地下のイートイン、三嶋亭です。
・時間に左右されない
・ひとりで、いやむしろひとりのほうが使い勝手がいい
・天下の三嶋亭の肉が食べられる

で、今回感動したこと。
イートインの受付のおっちゃんがとってもいい人だったこと。
いつもいけずな印象の京都人ですが、
受付したときはやっぱり冷たい印象のいけずだった。
だがしかし
待ってるうちにやさしい言葉をかけてくれたり
席にやさしく案内してくれたり、
会計の時に大丸カード勧めてくれたり・・・・・あ・・・Σ(・Д・ノ)ノ ・・・これか・・・。

いつもついすき焼頼んじゃうんだけど、次回は冒険してステーキにしてみたいと思います。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-30 14:07 |

京極かねよできんし丼

b0006423_16315432.jpg

歌舞伎前に食べた一品。
観劇前だというのに禁断の、
ビール付一服セット。
小さいサイズのきんし丼とはいえ、この鰻の小ささといったらあーた……(-_-;)
きんしも、もう少しだしの味があってもいいと思う。うん。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-27 22:31 |

三月花形歌舞伎

b0006423_1422110.jpg
京都四條南座での歌舞伎。
追っかけか!って自分でも思うくらい、
先月に引き続き、音羽屋祭りです。
演目は、
御摂勧進帳と、京鹿子娘道成寺。




b0006423_1422125.jpg
勧進帳では尾上松緑の熊井太郎がよかった。
「っとわや!!」の声もひっきりなし。
当たり前なんだけど、歌舞伎座同様、こういう声かけるひとっているもんなんだね。(歌舞伎発祥の地でまさかの感想)
この勧進帳では楽屋落ちのネタも見どころ。
衣装を褒められて「タカシマヤのべつあしらえ!」
するどいところをつかれて「腹立つなっしー!!」
歌を歌って「その曲自分でつくらはったん?」・・・「ゴーストライターやで。」
・・・いいねえ。
勧進帳は顔見世なので、次々と台詞が進んでいっておもしろい。
歌舞伎を見に行くたびに松緑が出演してるんだけど、縁があるんかね。
そして娘道成寺。
定番。
菊之助の娘っぷり、かなりヤバイ。
なにこの色気。舞っぷり。っとわや!!!
せっかくの音羽屋祭りなのに、
松也の使い方がぞんざい。
所化の役っていうと聞こえはいいけど、16人くらいたくさんいる一休さんの1人。
イケメンの無駄遣い・・・・・・・。
b0006423_1422146.jpg歌舞伎終演後、かるく何か食べようと祇園に行ったのですが、ちょっと興味があった中華料理「平安」の敷居がものすごく高かったので、(スナックの居抜きなのか、外から全く中が見えない)
思わず馴染みのある隣のおかるに入っちゃいました。
舞妓さんにも人気なきつねカレーです。
店内には芸能人の色紙がたくさん飾ってあるのだけど、
離れたところにあるけど同じ日に来店してるあっちゃんと松也を発見。
・・・・ほうほうほう・・・。

~おまけ~
今回の京都では本物の舞妓さんと出会うこと数回。
観光客に騙されることが多い中でこれはすごい。
着飾る前の買い物中の舞妓ちゃんもマルイでみかけたYO!
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-25 22:46 | 文化芸能部
めざましはかけないと決めている土曜の早朝、
おかんに起こされました。
「ちょっと!あんたこないだ行った高台寺、テレビでやってるよ!」
……

(-_-;)
テレビみたら、
杉並の高円寺でした。……頼むよおかん……( -_-)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-22 22:30 | 日記

2014京都東山花灯路

b0006423_1726186.jpg
高台寺から八坂方面望む。
b0006423_17261821.jpg今年もやってまいりました。東山花灯路。・・・・といっても2.3回しか来た事ないけど。
この時期は特別拝観とライトアップがあってとてもキレイ。
桜の時期だとまた混雑するので今がギリギリの時期ですかね。
b0006423_17261854.jpg
この時間は東山のどこを歩いてもライトアップや灯篭がキレイです。
今年初めて見たのが、知恩院三門でのプロジェクションマッピング。
三門をスクリーンに見立て、15分くらいでしょうか、闇を彩ります。
すっごく寒いけど。
b0006423_1726185.jpg高台寺も傘亭、時雨亭、霊屋とか広大な庭もライトアップで夜の散歩が楽しめます。
ライトアップされた竹林は幻想的ですね。
すっごく寒いけど。
b0006423_17261881.jpg
ねねの道から八坂の塔を望む。
夜だというのに人いっぱい。
このイベントは23日まで。

b0006423_17261826.jpg八坂神社もお決まりのライトアップ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-19 22:26 |

本法寺:大涅槃図開帳

b0006423_1625025.jpg本法寺で公開されているのは、
安土桃山時代に活躍した絵師、長谷川等伯が描いた巨大な仏涅槃図です。
京都三大涅槃図の一つです。これがすばらしい!
縦10m.横6m.と、東福寺の涅槃図よりは小さいのですが、流石は等伯、筆のタッチが、色使いが違います。
26歳の若さの息子を亡くした悲しみから、等伯は供養の意味もこめて息子の七回忌にあわせて弟子たちとともに完成させ、当時親交のあったこの本法寺へ奉納しました。
見上げるほどの大きな絵は、藤田嗣治の「秋田の行事」のように2階のバルコニーからも眺めることができるので、下のほうで悲しむ動物達だけでなく、入滅する仏陀の周りも近くで見ることができます。
あまりにも大きすぎて、以前は常に掛けていたもののあまりの重さに何度も落ちるので、そのたびに絵が損傷してはいけないと箱に入れてしまうことにしたそうです。実はこのお寺は以前火事にあってるのですが、このような事情からこの大きな涅槃図は蔵にしまってありましたので、無事だったというわけ。……この素晴らしいものが焼失しなくてよかった!

b0006423_1625095.jpg涅槃図にはいくつかのきまりごとがありますが、この等伯の涅槃図はとても分かりやすい。
四枯四栄の沙羅双樹、
悲しみのあまりに気を失うアーナンダ、
それを水をかけて介抱するアナリツさん、
悲しみの血の涙を流す老婆、
木に引っかかった、お釈迦様の母、摩耶夫人が投げた薬。(投薬、というのはここからきているんだそう)
そしておもしろいのは、当時南蛮人が飼っていたというコリー犬を描き、
猫を描き、そしてなんと、沙羅双樹の木のところに等伯自身を描いている。
西洋の絵画ではよく自分も絵の中に描いちゃう画家がいるけど、(ナポレオンの戴冠式とか、エル・グレコとか?)日本にもその文化、あったのか・・・・。
等伯の涅槃図、いままで数々見た涅槃図のなかで、現在トップです。
三大涅槃図、本法寺、東福寺ときて、残すは大徳寺ですが、それはあとあとのお楽しみってことで。

~おまけ~
涅槃図には必ず悲しむ動物のなかに、極楽浄土に住む頭が人間で身体が鳥という迦陵頻伽(かりょうびんが)がいますが、
東福寺の三門の天井にもいました。明兆さんが描いたものですね。
・・・・・今ちょうど読んでた「ナイチンゲールの沈黙」にその迦陵頻伽がでてきたときのその驚きったらアナタ・・・。人生で初めてかりょうびんがってものに出くわしたのに、わずか2日で次々と目の前に現れる・・・シンクロニシティかな・・・・・
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-17 23:25 |

稲荷大社から東福寺へ

b0006423_1435894.jpg
このたびのメインのひとつ、東福寺です。
ネットで調べたら、稲荷大社から東福寺まで歩けなくもないとかで山の中を歩くようなくにゃくにゃした地図が載ってたのでどんなもんかと不安だったんだけど、なんのことはない、本町通一本でつながっていて、稲荷から東福寺三門まで徒歩15分かからないくらいでしたわ。
さてさて東福寺ですが、涅槃会にあわせて特別公開されている、三門です。禅宗で最大の、現存最古の、そして最も優美な三門ですよ。国宝ですよ。東福寺を「伽藍面」といわしめるものですよ。
ここは涅槃会にあわせて3日間と、あとは不定期にしか公開しないので、見れる機会があれば是非見学したほうがいい。
b0006423_1435870.jpgここのお抱え画家、画僧の明兆さんが三門内の絵を描きました。その素晴らしい絵と、素晴らしい天井の梁は必見。
せっかくなので、方丈の八相の庭も見学。
ここは東西南北に四つの庭が配され、どこの庭も美しい。
写真は北庭。

b0006423_1435830.jpgそしてメインイベント!
明兆が描いた「大涅槃図」!
仏陀が入滅された旧2月15日にちなんで行なわれる行事、涅槃会の3日間しか公開されない縦12m.横6m.の大きな掛軸を、本堂で無料で公開しているのです!
ここの涅槃会は、奇跡の猫が描かれているというので有名で、本来猫は業が深いので描かれないのですが、明兆が描いているときに、庭から猫が来て絵の具をくわえて寄ってきたので明兆がその猫を描いたと。
・・・・・でも、猫が描かれている涅槃図は他にもあるのにね。
なんでそんなに売りにするかね。
猫が描かれているって皆さん涅槃図を見にきはりますけど、明兆さんが描いたすばらしい絵ですので、それをみていただきたい、って関係者はいうけどさ。猫の図柄のトートバックまで作って売っているのはYOU達じゃないのさ!
この本堂は涅槃会の時しか公開してませんが、天井の雲龍もスゴイですよ。
こちらの龍は天国のお釈迦様のところまで亡くなった魂を届けてるので、ご褒美の玉をにぎってますよ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-16 16:12 |

一路、伏見稲荷大社へ

b0006423_14293575.jpg

朝も早ようから
伏見稲荷まで行きましたわ。
境内の参拝は7:30以降自由やさかい。
でもすでに修学旅行生がぎょうさん来てはって、
写真撮ってたり
千本鳥居をだらだら歩いとったりして、相当ウザい。
先生何とかしてください。
b0006423_14293676.jpg

でもね、
稲荷大社って、この稲荷山全てがそれなので、
全部回ると二時間のトレッキング。
……勘弁してください。
昨日、二万歩以上歩いてるんすよ。
10キロ越えてるんすよ。
これ以上だと痩せちゃうので誰も望まないんすよ。
……ってことで、おもかる石を持ち上げた後さらにちょちょちょーっと登って、熊鷹社までで許してもらいました。
b0006423_14293634.jpg

b0006423_14293627.jpg

行きはただただその朱色の鳥居に圧巻されてたけど、
帰りは奉納したひとの名前とか年月日で目がチカチカです。
お金が余ってたら、奉納して……みたい……ような……。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-15 14:29 |

おやつ。祇園きなな。

b0006423_1754047.jpg

b0006423_1754019.jpg

建仁寺の塔頭のひとつ、正伝永源院の程近くにある祇園きなな。
女子に人気だそうなので、
甘味にあまり興味のないワタクシ、話の種に入店。
きなな、ずっと白玉だとおもってたのに、まさかのアイス!( ̄□ ̄;)!!(←興味なさすぎた)
出来立てきななとロールケーキのセットにしてみた。
きなな、旨!
なめらかでジェラートみたい。
卵使わないできな粉使ってるんだって。(よくわかんないけど)
お席につくとすぐさまほうじ茶サービスがあって、
スタッフも皆はんなりしてて、
さすが〜……って、感じ。
いいと思う。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-14 17:54 |
b0006423_15194430.jpg

最近狩野派づいているワタクシ、
是非とも若冲のお軸が見たい!ってことで、
建仁寺は両足院です。
いま流行りの、黒田長政絡みってことで、
寺の秘仏もあわせて公開。
……勝利の願掛けって言われても、
そんなに勝ちたくないんですけど…(-_-)
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-03-14 15:19 |