日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

銀座ランチ♪

b0006423_12261767.jpg
昨日は一日会議で疲れたので
今日はお疲れを癒すために銀座でランチ。
おとなの週末にも載ってたコスパ評価の
銀座一葉の重ねばらちらし。
限定10食なので勇んで行きましたが、
意外や意外、握りずしランチの方もいるのでそんなに頑張らなくてよさそう。
とはいえカウンターに通され
和泉元彌似の板さんの真ん前で気疲れしっぱなし。
疲れを癒しに来たのに気疲れしっぱなし。
…写真撮っちゃったけど(汗)
重箱の中で2段になってますが
下の段はガリと玉子ととびっこなので
そんなにコスパがいいわけではないのかと。
上の段だって写真とぜんぜん違ーう。
1000円のランチの後に4丁目交差点のドトールで450円のアイスコーヒーを飲む。
…コスパ…おかしくないか?
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-28 12:26 | グルメ

ディンタイフォーン!

b0006423_1937276.jpg

この間ぴったんこかんかんで台湾紀行を見て以来ずっと食べたかった小籠包、日本橋高島屋の鼎泰豐でやっつけてやったぜ!
本場には負けるけど、やっぱ美味しいわ〜
紹興酒の蒸し鶏は品切れだったので蒸し鶏の葱ソースで我慢してやったぜ。トホホb0006423_19391155.jpg


黒酢がまたいい。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-27 19:37 | グルメ
b0006423_1335938.jpg
21年ぶりの東京だという「印象、日の出」を観るためにモネ展に行ってきました。
パリに行くことはあっても、マルモッタン・モネ美術館にはなかなか行かないだろうということで、この世界有数のモネ・コレクションが東京で観られるならば行かない手はないだろうよ。
オランジュリー美術館で壁一面の睡蓮を堪能し、それがモネだと思っていたのですが、晩年白内障を患いながらもこんなにも色々なテーマを描き続けていたなんて、モネのことあまり知らなかったな…と反省。こうなるとジヴェルニーの庭園を見に行きたくなってくるってもんよ。
b0006423_13472721.jpgさてこの日の出。
近年研究により
この絵がいつ描かれたのか判明しました。
その時代の天候、日の出日の入り時間から分析してピンポイントでこの日!って調べあげたって、…スゴいよね。
でも実際この絵をまじかで観ると、このオレンジに感動します。
只のオレンジでは日の出か夕陽か分からないと思うけど、このオレンジは朝焼けのオレンジなんだよ!!いやー、やられたよこの表現力!
モネがこの絵のタイトルを聞かれたときに「印象とでもしといてくれ」って、言った気持ち、分かるわ〜。とは言えこの絵を発表したときには「描きかけの壁紙でさえこの海景画に比べれば仕上がりすぎだ!」と評価されたって、
…分かるわ〜( ̄▽ ̄;)

おまけ:
モネの人生年表見てたら後ろのカップルの男が
「ちなみに要約すると〜モネっていうのは〜20代後半に妻の絵を描いたってことで〜睡蓮とか風景画は晩年の白内障の頃に描いたってこと〜。」
ってウンチクたれてた。お前の要約は求めてない。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-25 13:35 | 文化芸能部

おかんへのおさがり

おかんに着なくなった服あげたんよ。
おさがりっていうかおあがりやね。
シワ加工のシャツだったんだけど
洗濯する時もねじって干してねって言うたのに
r
きれいにアイロンかけて着たってよ…(-_-;)

[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-18 22:01 | 日記

こたつはやっぱしだめ。

b0006423_21551481.jpg
池田修三展に行ってきました。
棟方志功とか
滝平二郎とか
勝平得之とか
いろいろありますが、
版画なら池田修三が一番好き。
こどものモチーフとか色合いとか
奈良美智っぽいところもあるよね。
b0006423_21551440.jpg
可愛い版画がたくさん展示されてるなかで、一番心に刺さったのはこれ。
b0006423_21551577.jpg
こたつはやっぱしだめ。
才能溢れる版画家も、思うことは同じ。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-12 21:55 | 文化芸能部
b0006423_2249715.jpg
花火を見に行きました。
すっっごい大きくて、音楽もよくて、超感動!
夏の花火は人出も多くて何かと大変なので、このくらいがちょうどいいです。
b0006423_22585854.jpg

[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-10 22:49 | 日記
b0006423_1492120.jpg

甘いもので思い出しましたが。
ウィーンで是非食べたいのが本場のザッハートルテ。
王道はやはり老舗カフェのザッハーかデーメルですが、追加料金を払わなくてもホイップクリームが添えられてくる本家本元のザッハーがよろしいでしょうか。
この両者のカフェはどちらがオリジナルかで長い間法廷で争っていましたが、どちらもそれぞれのザッハートルテということで示談になったんですね。経営が苦しくなったザッハーはデーメルに援助を要請した際にオリジナルレシピと販売権を譲渡したのですからそれを今更商標で争われてもねえ。
ということで、
オリジナルレシピのザッハートルテ。
甘いもの、そういえばあまり得意じゃなかったな…←忘れすぎ
ホイップクリームは甘くないものの、この甘さを何かで中和させたいと飲むコーヒーがこれまた甘い。そしてぬるい。
いわゆるウインナコーヒーというコーヒーはなく、地元で一番人気なのが、メランジュというこの泡立てたミルク入りのコーヒーのこと。
これがびっくりするくらいぬるくて、これがカフェ文化なのかと愕然とするのを禁じ得ない。
がっかりだよ!!
イエローモンキーな黄色人種のワタクシを、わざわざ人通りの激しいアウトサイドの席に案内してくれたのも、このぬるいコーヒーにがっかりさせるため?!
…また負けたよ…
甘いケーキとぬるいコーヒーに、完敗だよ…
ところでどうやらハプスブルク家御用達のデーメルのザッハートルテは後味がしつこくなくザッハーより控えめな甘さらしい。
ホイップクリームは+1ユーロだけどね。
今度ウィーンに行ったら
まずはデーメルに行って、オーバーラーとかハイナーでカフェ文化を堪能してやるぜ!

b0006423_14112289.jpg追伸
あまあまなお口直しで、カフェを出てすぐヴルスト食べてやったぜ。
ボリューム満点でカロリーオーバー。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2015-10-03 14:09 |