日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

もうエールフランスには乗りたくない⑦

翌朝。
朝食のバウチャー券もあったのですが、7時のフライトに乗るにはレストランがまだopenしておらず、泣く泣くあきらめました。
再びホテルバスで空港に行ったわけですが、預ける荷物もなく、チェックインも済んでるチケットだったためまっすぐ搭乗口ゲートへ。
ここで一番の心配事項だった、「俺たちのスーツケースはいまどこにあるのか」問題。
早速ゲート近くのインフォメーションに行ったらば、ここのエールフランス地上職員も使えねーヤツで。
「昨日フライトがディレイでコネクティングできなかったので今日のこのチケットにかかれてるフライトに振り替えられた。俺たちの荷物はいまどこにある?これがそのクレームタグだ。eチケット控はこれだ」
全ての必要な材料はこの会話に含まれていたはずなのに。
「あなたが乗るはずだった便は昨日のもので、昨日もう飛んだわ。荷物がどこにあるかはチェコ航空との共同運航便でうちとシステムと違うから調べられない」
……

いやいやいやいやいやよく聞いてよ乗るはずだった便が昨日のなのは知ってるっつーの。だから振り替えられたんだって。これから7時のフライトでプラハに行くの。で、その便にこの荷物は載ってるの?
「・・・・・ウイ。載ってるわね。そういうことならはじめからそう言いなさいよ」
言ったーーーーーーーー!!言ったよね?見せたよね?eチケットも見せたよね?あんたの仕事がぬるいんだってば!!
こんな職員の言うことを信じるのはいささか、っていうか非常に不安だけどそういうならもう仕方がない。
載ってるんだな?一晩空港で夜を明かして、この便に載せたんだな?
もやもやするけどこれ以上どうしようもないので半ばあきらめて、PAULのパンオショコラとカフェクレームで朝御飯とし、ラデュレでマカロン買って気持ちをごまかすしかないのでした。
b0006423_22534769.jpg


ホント、こんな責任感のないスタッフはイヤだ。
もうエールフランスには乗りたくない。
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2014-08-20 22:49 |