日々生活していればムカつくこともたくさんあるのですが、そんな中でも自分の趣味とかおいしいものとか楽しいことも当然あるのです。そんな日常を思いつくままに。


by mi_yu_ka_5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2005年 06月 04日 ( 1 )

本日は薪能へ。

b0006423_034113.jpg文化芸能部、本日の活動は「薪能」。
観世流の能楽師による今回の演目は
能「小袖曽我」「天鼓』 狂言「因幡堂」でした。





火入れした薪の神秘的な炎の中、b0006423_0343012.jpg
「お調べ」(まもなく能が始まりますという合図)のあと、揚幕から笛方・小鼓・大鼓がすり足で現れます。

能は旧カナ使いの言葉で演じられるので、
台本のような虎の巻がないと雰囲気しかわかりません。(-_-;)
一方狂言は、
明瞭な発声法で筋がわかるように説明してくれるし、
内容がユーモアにあふれたものになっているので、ときおり笑いもあり素人にはありがたい番組でした。

それにしても、囃子方は大変です。
お舞台の堅い板の間に座ったまま、b0006423_0345773.jpg演奏しなくてはならないのよ?!      ↓堅い・・・・。
小鼓と大鼓の複雑な間合いもさることながら
笛も、息つく暇なく吹きっぱなし。
しかも空気を口のなかにいっぱいためて吹き続けているので
見てるだけで酸欠になりそう。

能楽は国の重要無形文化財に指定されているんだけどさ、
なにぶん地味・・・だよね。
(いや、衣装は華やかなんだけどね)               
やっぱセリフ回しも現代の言葉と違うからわかりづらいしさ、
いつどこで能が見られるかなんて、わかんないしね。
・・・・歌舞伎みたいに常設している能楽堂ってあるのかしら?
で、ワタクシは気付いた!
この伝統的な文化を廃らせないためには!!
後世に伝えていくためには!!   ←だんだんスケールがでかくなってきた

皆がもっと、能楽に親しむ!

一人でも多くの人が能楽に興味をもったら
ほら、能の世界も経済的に潤うしさ、後継者もやる気になるんじゃない?
なんてな。


b0006423_036930.jpg
観客席はこんなんなってます。

   
[PR]
by mi_yu_ka_5 | 2005-06-04 23:54 | 文化芸能部